たけしの華麗なる消費生活

日常で気づいたコトを書いてます。

たけしの若手への一言(8)仕事における重要度と緊急度のマトリクス

はじめに 重要度と緊急度のマトリクス。聞いたことや見たことがある人は多いのでしょうか。時間管理のフレームワークとしてのコンテクストで利用されるケースが多いようですが、個人的には、仕事を分類するというコンテクストの時に良いフレームワークかな、…

クリエイティブディレクター 佐藤雅彦さんと、子供の絵本

「ピタゴラ」の佐藤雅彦さん テレビ番組の「ピタゴラスイッチ」を知っている人は多いと思いますが、慶応義塾大学教授 佐藤雅彦さんと彼の研究室の卒業生からなるクリエイティブグループが創っています。 ピタゴラスイッチ - キッズワールド NHK Eテレ-こども…

ウルトラマン怪獣酒場 実況中継

ディープすぎる世界なので、心して訪問した方が良いですよ! 少し前の話ですが、テレビで、ウルトラマンの怪獣酒場なる逆なコンテンツがありました。何気に石坂浩二がナレーターをやってたりしているのですが、ボケと突っ込みがしっかりした構成で、ウルトラ…

「狩り」は、「いちご」に限る

週末に、子供と、どのように過ごすか? 週末に子供とどこに行こうか?過ごそうか?は、とても大事な問いかなと思います。平日に時間がある時を費やしてでも、良い答えを毎週出したいものです。子供と一緒に出掛けられる、過ごせられる回数なんて、本当に限ら…

「とにかくまずやってみる」と「オリジナリティ」の関係

落合陽一氏「日本再興戦略」。先のメタップスの佐藤航陽氏もこの落合陽一氏も30歳くらいですが、最速で生きているトップノッチな人材は、30歳くらいでもかなりのレベルに達するんだなぁ、という感覚を持たざるをえない。 「日本再興戦略」の感想 本のタイト…

たけしの若手への一言(7)時間と信頼の関係

時間と信頼の関係 たまに、僕が、新卒で就職活動をしていた時の面接のときの話をすることがある。僕は、大学の頃は、遊び狂っていたので、面接のときにあまりまともに話すことがなかったのだけど、なんとかひねり出したのが、バイトでの出来事だった。 色々…

武井壮の名言と、その背景

武井壮の名言 武井壮が人気だ。武井壮の名言がピックアップされることも多い。最近では、こちら。 人の悪口とか言ってる暇あったら鍛える。。なんかの中傷とかしてる暇あったら勉強する。。人恨んでる暇あったら誰か好きになる。。人の出来ること羨んでる自…

未来予測者の創り方

メタップス社長 佐藤航陽氏の思考力には、毎回驚かされる 最近流行っていますね。メタップスの佐藤航陽氏の最新刊「お金2.0」。遅ればせながら読んでみました。 読んでみて思うのですが、この佐藤航陽氏の思考力、すごいですね。。。そういえば、前著につい…

二歳向け女子力英才教育アニメ

0~3歳の女の子の好きなキャラクターランキング 子供は、色々なキャラクターと出会い、多くの時間をキャラクターと費やしていくのかな、と思いますが、うちは、上が小学一年生の男の子で、下が二歳の女の子なので、男の子と女の子とで結構違くて楽しんでいま…

子供とテレビゲームの最適な関係

小学校入学からテレビゲーム解禁 上の子は小学一年生なのですが、小学一年生のとあるタイミングまで、テレビゲームはNGでした。ゲームを続けていると、貴重な人生、時間を費やしてしまうのは、もったいないな、と思っていたので。 でも、小学校に入ると、同…

「わかるというのは誤解でよい」という前提

坂本龍一のサッポロ 大人エレベータ 色々な大人の方々が、エレベータのとある階で待たれていて、妻夫木聡と会話をしているCM。坂本龍一のバージョンが印象的でした。こちら。 で、少し調べてみると、クリエイティブディレクターは、タグボートの岡康道さんで…

たけしの若手への一言(6)  「忙しい」の対処法

「忙しい」とは言わない 基本的に、忙しい、という言葉は使わないことにしている。 昔、みのもんたが、忙しい、疲れた、寒い・暑い、という言葉を使わなければ、仕事には困らない、みたいなことを言っていて、妙に納得したことが起点。寒い・暑いは芸能人ゆ…

キッズケータイは買うべきか?

うちは、小学校入学のタイミングで買いました。その時に、少し頭をよぎったことをメモしておこうと思います。 直ぐかは別として、親から離れる機会が増えるので、いつでも連絡が取れるようにしておきたい(当たり前っちゃ当たり前だが)。でも、学校に持って…

子供との自転車移動の時間を改善する2つのツール

子供が小さい頃は、自転車で子供と一緒に移動することが多いと思います。そこで、以前書いたのは、電動アシスト自転車についてなのですが、それに加えて、子供の移動空間を充実させることで、親としても移動時間が快適になる。そんなツールを2つご紹介します…

小さな子供の鼻水問題の解決法

0-2

小さな子供の鼻水問題 小さな子供は、鼻水を垂らす。これは、自明な事である。特に冬場はたびたび垂らす。鼻水でチーンと自分ですることもできないから、鼻水は垂れたままだし、口にも鼻水は入るし、鼻水が垂れたのが乾くとかっぴかぴになるし、鼻水をずるず…

勝率98%超の数学マーケティングの戦略論

理論と実践のアウフヘーベンが詰まったマーケティング本 「確率思考の戦略論」。この本は非常に面白かった。 ビジネス本は、学者が書いた本と、ビジネスパーソンが書いた本に大別されるわけだけど、学者の本は、何かのテーマについて、関係する現場の情報を…

たけしの若手への一言(5) 圧倒的な自責での振返り

一日の振返りではなく、一年の振返りの良さ 12月は一年を振返るのには良いタイミングだろう。日頃、毎日振返ることを進めている僕だが、一日ではなく一年という粒度で振返るのにも意味があると思っていて、勧めていたりする。(1月になっていますが、エント…

東京スカイツリー すみだ水族館 実況中継

さて、正月休みが終わったのですが、年末年始は色々なところに行きました。ということで、幾つかについては、ちゃんと明文化しておきたいと思います。で、このエントリーは、東京スカイツリーのすみだ水族館について。 まずは、すみだ水族館の基礎情報につい…

「達成の方程式」と、子育ての要諦

ビジネス書のヒット作 昨年のビジネス書の中で最も売れた本の1つに、こちらがあります。「GRID やり抜く力」。 ハーバード大を卒業して、戦略コンサルティングファームのマッキンゼーでコンサルタント、その後、オックスフォード大で神経科学の修士号、ペン…

ビジネスモデルを読み解く方法を学ぶ本

はじめに 「MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣」という本が、最近結構売れているようなので、年末ということで、読んでみました。著者は、少し前に楽天で執行役員をしていて、最近ではシリコンバレーで起業しているシバタナオキさん。 決算書からビ…

秀逸すぎる物まね絵本

「なつみはなんにでもなれる」。 子供のユニークな様を切り取り、独特の世界観を創り上げるヨシタケシンスケさんの本で、いつの間にか家にあり、最近下の2歳のコにせがまれて読んだのだけど、読みながら面白くて仕方なかった本なのです、これが。 主人公のな…

『「学力」の経済学』からの3つの教育のヒント

はじめに 子供の教育は悩みの種の人が多いだろう。生まれて直ぐはさすがにだが、1歳にでもなると教育を考え出すし、幼稚園や小学校の入学タイミングではその悩みはエスカレートし、教育や進学に関するエトセトラについてネットを叩いたり、誰かと話したりす…

イチローが小学生に語った、成長に関する本質的な思考原理

イチロー杯と、小学生に向けた名言 知らなかったのですが、メジャーリーグでもレジェンドになっているイチローは、毎年イチロー杯なる小学生向けのイベントを開催しているみたい。そのイベントの時の小学生へのイチローのメッセージが秀逸だ。 今年の僕がみ…

父親がもっと楽しくなるサイト

父親向けのサイトは結構少なく、参考になる情報は限定的だったりしますが、このサイトは結構良いかな、と思ったので、ご紹介しておきます、 fqmagazine.jp イギリスにある雑誌の日本版webサイトのようですね。(GQ JAPANとは関係ない模様)著名人の父親への…

毎日5分の掃除の効用

日々できることを淡々とする 少し前に、NewsPicsで禅宗の僧侶である枡野俊明さんのインタビュー記事があって、興味深かったです。最近流行りのマインドフルネスと禅は近くて、かのAPPLEスティーブジョブズも禅をしていたのは有名な話ですが、インタビューの…

濱口秀司氏によるデザイン思考のマトリクス整理

デザイン思考の先駆者 濱口秀司氏 少し前に、NewsPicsか、ほぼ日かで知ったのが、濱口秀司氏。パナソニックを経て、アメリカのデザインファームで活躍して、USB等を発明したらしい。 最近、デザインやデザイン思考みたいな言葉や考え方が流行っていて、デザ…

木村佳乃さんの子育て論

はじめに 子育て環境を提供することで子育て世代の社員を支援しよう、という会社が増えてきています。目的としては、既存社員の離職率の低下、それによる労働力の損失回避、新卒・中途の採用活動の向上、会社の信用力向上、などがあったりするのかな、と思い…

たけしの若手への一言(4) 脱時空勉強術

生産性の向上に必要な三つのスキルカテゴリ ビジネスパーソンとして成長する、または、仕事の生産性を上げる、ことは、仕事で何かを実現したい人には重要なことなのかな、と思います。私としては、そのために必要なこととして、"Think”、”Communication”、”P…

たけしの若手への一言(3) Tomorrow is another day.

仕事をしていれば、良い日も悪い日もある あなたが、働きだして、どのくらいかはわからないが、その働いた日全てが、素晴らしく良い日だった人は、恐らくいないのではないだろうか。なんだか良い日もあれば、スペシャルに良い日もあるかもしれないし、なんだ…

幼稚園のパパコミュニティには参加しない理由

3-6

どの幼稚園にもあるのでしょうか、パパコミュニティ。うちの子供が通う幼稚園にはあるのですが、このパパコミュニティに入るべきかどうかは、少し迷うところかもしれません。 結論から書くと、僕は入りませんでした。少し考えての判断なのですが、その過程を…