たけしの華麗なる消費生活

日常で気づいたコトを書いてます。

2019年のお土産 その1:千疋屋

毎年、年末に新年のご挨拶向けにお年賀を買うのですが、その時に、毎回、お土産っていいな、って思うのですよね。お土産の種類って多くて選ぶのが楽しいし、実際のモノとしてステキなのがそこかしこにあるし、もらう人も喜んでくれる、そして、適当なサイズなのでコスト的に負担にならない。いいトコ尽くしなので、お土産を趣味にしようかな、と思ったりしてます。

そんな中、1月の一発目が、千疋屋。買ったのは、苺のタルト、オレンジのゼリー、フルーツサンドなのですが、これらはいい写真が撮れなかった(泣。デザートって、一緒に楽しむ食器が大事だな、と思った次第(食器も強化しようと思った)。

代わりに、千疋屋のパッケージを。

インスタにも書きましたが、パッケージがステキすぎ。持って帰る最中も楽しくなってしまう。センスやばい。と、書いていて思いましたが、お土産って、パッケージや袋がステキなものが多いと思います。

ただ食べるだけでない楽しさがいっぱい。それが、お土産だーーー。ということで、ちょこちょこお土産を買いつつ、こちらにも、ストックしていこうと思います。