たけしの華麗なる消費生活

日常で気づいたコトを書いてます。

NewsPicks「新・子育て論」の論評

2020年の学習指導要綱の改訂の内容とは

今日から、NewsPicksで、「新・子育て論」の特集が始まっていますね。2020年に文科省の学習指導要綱が改訂され、「自分で考え、表現し、判断できる子供の育成」に舵を切る、という。今までは、言われたことをできる人を育成する感じだったと思うので、大きな変更ですよね。

でも、大きな変更だとは思うのですが、個人的には普通のことなように思います。基本、勉強が嫌いだったのですがw、自分で新しい何かを考えて実行することに楽しさを感じてて、職業的には企画職なわけですが、それが当たり前の仕事だったりするので、そう感じるのでしょう。

教育改革実践家 藤原和博 × はなまる学習会代表 高濱正伸の対談

さて、そんな特集の記事ですが、第一弾は、リクルート出身の教育改革実践家の藤原和博氏と、はなまる学習会代表の高濱正伸氏による対談。

newspicks.com

特別な集中力を育むのは、母親の愛

魅力的なお二人なので、対談は色々な方向の話におよび、とても面白いので、一読をお勧めしますが、このニューエリートを育てる方法に関連して、一点だけ取り上げておきたいと思います。

  • 今、ニューエリートの代表とされる落合陽一くんや、SHOWROOM社長の前田裕二くん、それに先ほども名前を挙げた堀江貴文くんや西野亮廣くんといった人たちに話を聞いていくと、共通して見えてくることがあるんですよ
  • それが、尋常じゃないほどの集中力なんです。彼らには何か問題が起こったり、失敗したりしたとしても、それを問題とも失敗とも思わずに、何度も軌道修正しながら突き進んでいく集中力があるんですよね
  • その集中力は、子どもの頃の遊びや学びの中で磨かれているということも、共通しています
  • さらに彼らには「根拠のない自信」というのがベースにあって、それはおそらく、10歳くらいまでの幼少期に、母親などから圧倒的に愛された、認められた経験があるんじゃないかと思います
  • だから、母親がいつも安定して、子どもを見守れることはすごく大事ですよね

特別な結果を引き寄せるために、圧倒的な集中力が必要であり、その集中力を育てる上で、母親が子供を圧倒的に愛し、見守ることが大事、と言っている点をとても面白く読みました。

前半の考え方は、モンテッソーリ教育に通じるような考えに個人的には読み取っていて、集中力もそうなのですが、何かを掘り下げ、特別なレベルにまでもっていくような好奇心が重要だろうと思うのですが、それを、モンテッソーリ教育を提供する塾や幼稚園ではなく、母親の愛、という考え方って面白いな、と。

モンテッソーリ教育に高いお金を払っていかせるのも良いのですが、個人的には、家での教育であり、親が子と触れ合うときの考え方や言葉が大事なのではないか、だって、家での出来事で生まれる思考や判断の数は大変多く、その一つ一つに母親や家族の影響を濃く影響を受けるだろうと考えていたので、母親の愛、という考え方はそれに通じるような気がしたのですよね。だから、読んでて、とても腑に落ちたのでした。

おわりに

ということで、この特集では、今後、予防医学研究者の石川善樹氏の育て方、ドラゴン桜の主人公へのインタビュー、ユダヤ人の育て方、シリコンバレー式教育、など興味深い内容が次々あるようなので、しばらく読み続けたいと思います。

自分が子供の時に遊んだゲームで、いま、自分の子供と一緒に遊ぶ。

8才になる息子は、今風の小学生だったりするので、Switchなどのゲームにちょっと夢中だったりします。そんな息子との夕食の会話では、クリスマスのサンタのプレゼントは何をお願いするのか、的な話を起点に、いま、小学校の友達の中で流行っているゲームは何か?という話をしていたのですが、彼の回答はこちら。

イクラ

スプラトゥーンは相変わらず人気らしいのですが、「マイクラ」こと「マインクラフト」が人気だとか。はて、マイクラ、マインクラフト、と。。。僕は初耳だったのですが、妻によると昔からPCゲームとしてあったとか。そうなのかー、と昔を振り返りながらも、僕は全く関りがなかったゲームなのですが、世代を超えて、人気があるゲームのようです。

そうこうしていると、息子が、コロコロコミック11月号の人気ゲームのランキングをもってきて、みせてくれました。それが、こちら。

  1. スプラトゥーン
  2. 太鼓の達人 Nintendo Switchばーじょん
  3. マインクラフト
  4. 爆釣バーハンター
  5. 星のカービィ スターアライズ
  6. マリオテニス エース
  7. 進め!キノピオ隊長
  8. Nintendo Labo
  9. スーパーマリオ オデッセイ
  10. メイドインワリオ ゴージャス 

なんと。マリオだらけ。。。そして、2位の太鼓の達人、5位の星のカービィもお馴染みのタイトル。僕が小さかった頃になかったコンテンツは、1位のスプラトゥーン、4位の爆釣、8位のNintendo Laboくらいではないですか。

なるほど、と。コンテンツビジネスの難しさであり、肝を感じさせられました。世代を超えて愛されるキャラってあるのですね、とも言えるし、人が面白いと感じられるコンテンツというか、ゲームの型って、限定的なのかもしれないね、とも言えるし、過去の名作を超えるような作品を創れていないんだね、とも言えるかな、と。

でも、やはり、なんだか自分が楽しんでいたキャラが、時代を超えて、子供も同じように楽しんでいるのって、なんだか、不思議だな、と。今日、子供と一緒に、マリオカートを楽しんだのとかって、なんだか現代的ですよね。ゲームの良し悪しはあると思うのですが、素直に、子供と一緒に楽しめるのって、いいな、と思ったのでした。

「Think!Think!」を始めるべき理由

小学生の人気塾の花まる学習塾の花まるラボの人気アプリ「Think!Think!」。花まるの問題集「なぞぺー」は購入し、取組んだりしていたのですが、最近、久しぶりにiPadを買ったので、アプリもやり始めました。

元々、花まる学習塾自体、表面的な問題を解く力というよりかは、根本的な思考力をつける、みたいな考え方で問題が創り込まれているので、結構いいな、と思っていました。サイトの紹介を引用すると、そもそもの思考センスとして、「空間認識」「平面図形」「試行錯誤」「論理」「数的処理」を大事にしているらしいのですが、このアプリでは、「空間認識」「平面図形」「試行錯誤」の力が磨かれるような創りにしているようですね。

そんな「THINK!THINK!」のアプリを子供が使いだして、感じたことを幾つか書いておこうかな、と思います。(プレミアムコース980円/月の前提です)

  • 一日三つの問題群、所要時間は9分なので、もっとやりたい!ところで止めないといけないので、翌日も問題を解きたくなる。「継続」させる仕組みを装着している
  • 問題の種類が多くて飽きない。毎日、何か異なる問題(10+)をすることができるので、毎日新鮮に問題に取り組むことができる
  • レベルが明示されて異なるので、レベルアップ感がある。それにより、問題を解いている間の音楽も変わる。ちょっとゲーム的な面白さが入れられている
  • 同じレベルの問題群でも、解けている問題の内容により、その後の問題が変わり、より自分に適した問題、時点の自分の限界を知れる創りになっている
  • アプリ自体を始めるときには、名前を入力するくらいで、本当に簡単に始められる。しばらくすると、月一のテストイベントがあり、その時自分の生年月を入力。以降、問題で解いた後に、同じ年齢・子供/大人・全体で、順位が出るようになる。ちょっと燃える
  • (ちなみに、最初に生年月を入力させない仕様にしているのは、最初に面倒な作業をさせずに、継続の習慣ができたころに入力させることで、利用の離脱率を低減させようとしたのでしょうね。確かに、って感じですね)

8歳の小学2年生と、3歳の子がやっていたのですが、子供が楽しそうにやっているのを見ていたら、親である私たちもやってみたくなり、やり始め、毎日楽しくやってます。

やってみると、結構できるなと思いつつも、問題は難しくなっていくので、自分が苦手な認識・思考方法があることに気づき、その苦手に向き合うのも楽しくやっています。小さい頃にこのような鍛錬はやったほうが勿論よいのでしょうが、大人がやっても効果があるのではないか、と思います。

そんななので、プレミアムコース980円/月は安いですね。家族4人が毎日やっているので、一日一人10円切りますね。パフォーマンス高すぎです。子供一人だとしても、一日一人30円くらいで、思考訓練や試行錯誤の継続習慣が身につくならば安い物かな、と思います。みなさんも、どうぞご利用ください~。