たけしの華麗なる消費生活

たけしが、華麗なる毎日にであったモノやコトやシコウについてのメモ。JPとUSのVisionary Company、Management Consulting Firm、MarketingやBusiness Development、Business Strategyな経験からか、そもそもだからなのか、かなり自由な風味で書き綴っております^^

アクアパーク品川 完全ハンドブック

はじめに

さて、夏休み真っ只中。毎日どこに行くか決まっている人も決まっていない人も、子供と沢山の時間を過ごすこの期間は気合が入るところかと思います。うちは、ほぼ毎日予定を入れていたのですが、その一つが水族館。品川プリンスホテルにあるアクアパーク品川に行きました。この水族館は初めて行ったわけではないのですが、今回は色々と写真を撮ってきたので、完全ハンドブックとして、ご紹介したいと思います。

最初にサマリになりますが、この水族館は、本当に都会的ですね。水族館という枠をはみ出して、プロジェクションマッピングやアトラクションなども兼ね備えているし、そんなアイテムが揃っていることから、子供が楽しむこともできるのですが、カップルも楽しむことができる。もっと言えば、昔カップルであったパパとママも楽しむことができるツクリになっているのかな、と思います。

完全ハンドブックの中身

さて、こちらが、エントランスです。いきなり、水族館の水槽とプロジェクションの合わせ技で歓迎です。神秘的で鮮やかな水族館がさらに装飾的になり華やかな雰囲気になっています。少し前にチームラボが一世を風靡したわけですが、彼らが広めたアーティスティックな見せ方がすそ野を広げていると言えるかな、と思います。

f:id:TKC-i:20170503200056j:image

少し行くとこんなアトラクションが。水族館ではなく、遊園地かと。でも、子供はこういうのが好きなんですよね。水族館で見ることを目的としてきたのに、ここを通過することができない家族も多いわけです笑

f:id:TKC-i:20170503200124j:image

これも、チームラボ的な演出。なかの魚を楽しむだけでなく、その情報を楽しむための仕掛けがなされています。このような演出は賛否両論ありそうな気もしますが、全てが全てこのようになっているわけではないので、良いのではないでしょうか。

f:id:TKC-i:20170503200137j:image

中盤ですが、なかなか華やかなゾーンがあります。

f:id:TKC-i:20170503200150j:image

こちらは、アトラクションその2という感じで。ディズニーランドか、と。こういうのがちらほらとあると、子供が飽きにくいということでしょうか。

f:id:TKC-i:20170503200201j:image

ここは、カフェも併設されているゾーンですが、プロジェクトションマッピングがガンガンされています。とても、おしゃれで、カップルはここでゆっくりしたい感じかな、と思います。

f:id:TKC-i:20170503200209j:image

ここも、プロジェクションマッピング。

f:id:TKC-i:20170503200216j:image

クラゲなどがあるゾーンですが、ここは本当にキレイだった。実に幻想的な空間でした。

f:id:TKC-i:20170503200228j:imagef:id:TKC-i:20170503200236j:image

ここは、後半の山場ですね。いるかショーです。ここのいるかショーは都会っぽくて、音楽も今風の音楽で、ノリノリで会場がより一体感をもった演出になっていて、とても楽しめると思います。

f:id:TKC-i:20170503200248j:image

ちなみに、こんな風に、ちゃんと水族館したコンテンツもあって、癒されます。

f:id:TKC-i:20170503200258j:imagef:id:TKC-i:20170503200305j:image

おわりに

こんな感じが、全体感でした。いるかショーは非常に混んでいていっぱいでしたが、他のゾーンは混んでいるとはいえ、混んでいるがゆえに楽しめない、という状況ではなかったので、これからの夏休みに予定がない方は、行ってみてはいかがでしょうか。とても楽しめると思います!

人間関係の悩みの処方箋

少し前に流行っていたけど、当時はあまり気にならず、読んでいなかったのですが、最近とある人が勧めていたので、読んでみました、「嫌われる勇気」。 

心理学者アドラーの心理学について、とある教授と迷える若者との対話形式で紹介されています。気になった部分を引用したのが、こちら。

  • 客観的な世界に住んでいるのではなく、自らが意味付けをした主観的な世界に住んでいる
  • 良好な人間関係を結ぶには、ある程度の距離が必要だ。密着してしまうと向かい合って話すこともできない。しかし、距離が遠すぎてもいけない
  • あなたは、ただ、「私はどうするか」だけを考えればよい

一つずつ掘り下げておきたいと思います。

自らが意味付けをした主観的な世界

まず、身近な例として、テストの点数、についてあげてみます。テストの点数が70点だったとして、このテストは客観的には70点でしかないのだが、その点数の意味合いの幅は広い。

例えば、今まで70点より高得点しかとったことがない人はショックな出来事となるのですが、その意味付けは人によって異なり、もう二度と70点をとらないように、70点をとってしまった要因分析をして、これまで以上に頑張る人もいれば、70点をとってしまった自分の能力を信じられなくなり、弱気になってしまう人もいるだろう。

テストの点数は極端な例かもしれないが、人生で起きることは、これに似たようなことが多い。毎日生きていると何かが起きる。テストのようにわかりやすいこともあれば、一緒に仕事をした人の発言や態度の意味合い付けも同じだ。その事象について、どのように意味付けをして、その時点以降に役立てるか役立てないか、それは主観でしかない、というお話である。

個人的には、主観は圧倒的にポジティブであればよい、と思う。仮にその事象が普通に考えるとネガティブでしかないとしても、ポジティブな変化を及ぼす可能性が高まると思うからである。勿論、一見ネガティブな事象は弱気にさせるものだが、空気を読まずに、ポジティブになるべきかな、と思うのです。

良好な人間関係と距離

少し前に、このエントリーで取り上げたのですが、人との距離って大事だと思う。このエントリーでは、淡交という言葉で紹介しました。そうすることに、人間関係の疲れを減らせるよね、というお話。

takeshikarei.hatenablog.com

基本的には、そのお話と同じで、あまり人との距離を近づけても、遠ざけすぎても良くないよ、というお話でした。例えば、相手が好きだったり、期待したりすると、接点数が増えたり、リクエストすることも多くなるし、逆に、入ってくる情報も多くなる。

でも、他の多くの出来事と同じで、ある一定値を超えるとオーバーシュートしてしまって、良くない影響を及ぼす。余計なコトが見えてしまって、嫌になったりするわけです。完璧な人間なんていないしね。ということで、適切な距離で、人と接することが良いよね、というお話でした。

「私はどうするか」だけを考えればよい

今回、3つをピックアップしましたが、これらのテーマとは別に、課題の分離、というお話が紹介されています。自分の課題と誰かの課題を混ぜると、解決しなくて良い課題に悩まされてしまう、という話で、誰の課題を解決しようとしているのか、というのを意識的に考えることが大事だというお話が紹介されていたりします。

で、この「私はどうするか」だけを考えればよい、というのはその延長線上にあるようなお話。結局、誰かに期待して、誰かを変えたい、等ということは考えるけど、根本的には、やはり、相手は相手の人生が、自分に自分の人生があるようにあるわけなので、多大な期待を相手にすることは、too muchなことになりかねないと思うわけです。

全ての話にも通じるのですが、結局、自分はどうするか、にフォーカスすることが大事であり、それにより、何かは必ず変わるので、それに集中することが肝要だよね、というお話でした。行動原理として、とても大事な点だと思います。

おわりに

全ての悩みは対人関係

という章が本著にはあるのですが、全てなのかはわからないですが、無駄な考えてしまう、それを悩み、というのかもしれませんが、その思考の対象って、対人関係が多いかもしれません。そんな悩みを解決するためにつけるべき思考の癖、みたいなのが、この本では紹介されていて、一読の価値があるかな、と思いました。悩み多き方は、ぜひ~

単身赴任者の"寂しい"をなくせないか?

39度の高熱がでたときの僕の武勇伝

ちょっと前に、いきなり熱が39度を超えて、急遽仕事を切り上げて、帰宅することになった。39度超が判明してからの僕の動きは早くて、帰宅中に妻に連絡し、インフルエンザの可能性もあるので、子供と一緒に実家に帰ってもらう。そして、最寄駅から家に帰るまでに、病院に寄り薬もゲットし、数日は外出もしんどいだろうからスーパーで食料を買い込んで、家に着くと、大量に着込んで、5分でベッドにもぐりこみ睡眠。家族に気を使うこともなく、睡眠や療養に集中していたら、熱は線形で低下し、日曜には平熱に戻り、月曜には出社できた。

家族と一緒にいれないことは、本当に寂しい

と、そんな武勇伝は閑話でして、そのまま、家族が実家に残り(夏休みだったので)、結局、一週間ほど一人で生活をすることになってしまった。通常、子供の長期休暇に入ると、3-5日ほど実家に帰ってしまうことはあったのですが、一週間は結構長くて、寂しくて寂しくて仕方なかったっす。というお話が本題。

で、考えたのですが、僕の例はまだよい方なのですが、単身赴任をしている家族って大変だな、と。そんな風に家族が離れ離れで暮らす日々が通常て、どれだけ寂しい思いを感じながら、毎日を過ごしているのか、と。そんな風に思ったのでした。

単身赴任者のボリュームと、その"寂しさ"の数

ということで、単身赴任者数を調べてみると、こんな感じです。

f:id:TKC-i:20170228192818j:plain

100万人には届かないのですが、全体2.3%ということで、結構いらっしゃいます。これは、単身赴任者の数なので、離れて住む家族の人数もかけ合わせられるので、平均世帯人数2.49(2016年厚労省調べ)を掛け合わせると、約180万人の寂しいがある、ということになります。また、人数換算ではなく、例えば、一日一回寂しいと思った場合、年間約6.6億回の寂しいがある、ということです。

"寂しい"は解消されているのか?

さて、この寂しいは、どのように解消されているのか、と。いや、はたまた、解消されていないのか、と。それを考えようとしたとき、どのような状況を寂しい、と考えるか、がまずあると思います。
平日は、仕事があります。でも、朝や夜は家族がいる場合、ご飯を一緒に食べたり、会話をしたり、はたまた遊んだりする人もいるかもしれません。一方、週末は、それに加えて、どこかに外出したりして、インパクト大で、食事や遊びなどを体感する人が多いのではないでしょうか。
としたときに、どのように解消されているか?ですが、平日は、Skypeなどのソフトを使えば、時間の都合をつかせれば、朝や夜などに、テレビ電話をすることができるので、一緒に住んでいるときとあまりかわらないのかもしれないな、と思います。実際僕は、1年半ほど平日は国内出張をしている期間がありましたが、その間、毎朝、家族とSkypeをしていました。そうすると、かなり寂しさが和らいだのを覚えています。

多くの家庭では、一緒に住んでいても、朝時間で一緒に食事して会話する、早く帰れる場合も一緒に食事する、会話する、が基本なのかな、と。それらは、テレビ電話でも実はあまり変わりません。食事をしているときにでもテレビ電話をつなげるとしたら、なおさら変わらない。でも、週末も遠距離、というのは、実に寂しいのかな、と思います。週末は、家の中でも一緒に遊んだり、外出して、一緒に体感する機会が多いと思うので。

"寂しい"を放置しない方法とは

そう考えたときに、単身赴任世帯の週末の寂しさを解消する手段は現時点ではあまりないのかな、と思います。年間約2億回寂しいが放置されている、と。でも、前述の通り、結構単身赴任世帯て、多い。このマーケット向けに何か良い商品はないものか、とも思ったりします。

例えば、一緒に遊んでいるときに遊べない寂しさなので、グーグルグラス的なプロダクトで、お互いの視界を共有できることで、あたかも一緒にいるかのような空間を実現して、体感することができるのでは、とか。VRかARのプロダクトにより、一緒にいるだけでなく、疑似的に触れて遊ぶこともできるのでは、とか。要は、空間の制約をなくして、誰かと体感できる手段、てヤツですね。

なんだか、書いていると、5年くらいでそんなプロダクトもあるのでは、と思い出しました。単身赴任世帯の寂しさ、を減らせないか。ふと、そんなことを考えたのでした。これを読んだ商品企画担当者の方がいらしたら、ぜひお声がけください!ちなみに、日本のマーケットだとそこまで大きくないですが、どの国にも単身赴任者はいるわけで、グローバルベースでは結構大きいのでは、と考えています。加えて、この寂しさは、単身赴任者だけでもなく、子供が独立した親には少なからずある寂しさだと思います。この寂しさをなくせないものか、とつとに思うわけです。