たけしの華麗なる消費生活

日常で気づいたコトを書いてます。

書類データ化ツールの最近のお気に入り

結論から書きますと、MicrosoftのOffice Lensがお気に入りです。なぜ書類データ化ツールを使うか?どの書類データ化ツールが良いか?を順に書いていきますね。

SAPIXの教材の多さをいかにさばくか?

子どもが小4になるのですが、小4になると一気に教材の量が増えます。小3では週に一度の授業で、算数・国語・理科・社会が隔週で、算数・理科、国語・社会で、週当たり2コマだったですが、小4になると、週二回で、算数A・算数B・理科、国語A・国語B・社会、の6コマになり、1コマでも結構な教材の量になるので、一週間の教材量は膨大になります。

この教材の宿題をこなすのは大事なのですが、より勉強ができるようになるためには、解き直しがより大事です。宿題をこなすことは、対象テーマについて、時点での解けた・解けなかったが層別されるのですが、解けなかった状態から解ける状態に変えるのが解き直しなので、解き直しをしないと解ける量は増えていきません。(さらっと書きましたが、この解けるようになるためのプロセスは奥が深いので機会があったら詳述します。)

このプロセスにおいて、教材の整理が必要です。膨大な教材に埋もれるのではなく、適切なタイミングで適切な教材の解き直しができるように環境を整備しておくことが重要です。親も子も、様々なことが起きる日常を過ごしているので、このアクセシビリティが低いと、解き直しをしない、ということが多々おきます。解けなかった問題が解けるようになる量は、解き直した問題量にとある係数(所謂コンバージョン)をかけた結果なので、一つ目のパラメータである解き直した問題量を小さくすると、いかに工夫をしてコンバージョンを高めても、解ける量はそこまで増えません。

そういった背景の中で、ちゃんと解き直しをする、に至るようなアクセシビリティを高めるために、最近僕は、ipadクラウドに、SAPIXの膨大な教材を構造的に整理するようにしました。その時に使うツールが書類データ化ツールです。

プリンターか、スマホのアプリか

書類データ化ツールは、プリンターかスマホのアプリかに大別されると思います。プリンターは、キャノン、エプソン、ブラザーなどがメインプレイヤーで、スキャンをして、クラウドにデータ送信するのに対して、スマホのアプリはカメラで撮って、クラウドにデータ移動してストックします。

どちらが良いか?の基準は、

  1. PDF化時の情報の認識精度
  2. データ化作業のUX

と考えています。1の認識精度はそこまで変わらないかなと思いました。勿論個人差はあると思います。しかし、2ではスマホのアプリがダントツで勝ちます。

  • そもそも、いつでもどこでも、データ化可能
  • クラウドへの転送のし易さ

の二点において、スマホのアプリが余裕で勝ちます。1は当然なのですが、2も日本メーカー特有のSWのUXが厳しいと感じざるを得ません。ということで、僕は、とあるメーカーのプリンターを持っているのですが、スマホのアプリで書類をデータ化しています。

どのスマホのアプリが良いか?

次に考えるのが、この論点です。これは、使ってみるしかありませんが、最終的に、冒頭でも書いたように、MicrosoftのOffice Lensにしました。

判断基準は同様なのですが、どちらも優れているように感じました。そもそもの画像認識が高く、斜めからカメラ撮影しても補正する機能が優れており、かなりきれいにPDF化できます。

また、クラウドへのデータ転送も容易です。Microsoftのアプリということで、熾烈な競争をしているGoogle Driveへの連携は困難なのですが(工数を増やせば可能)、僕はOne Driveをヘビーユースしているので全く問題ありません。全ての教材をOne Driveに格納しています。その後は、iPadでの高いアクセシビリティと、必要に応じてAirPrintで印刷できるので、非常に高い満足度になりました。

冒頭にも書きましたが、教材に埋もれることがなく、すぐに解き直ししたい教材が見つかるのが、クラウドでの構造的な整理、かつ一覧性高く閲覧可能なことによるものなので、データ化するのは大変でしたが、やってよかったです。

おわりに

書類データ化ツールの利用方法を固めたのは、子どもの教材整理がキックでしたが、その流れで、そこかしこにある書類もデータ化しまくって、書類はどんどん捨てています。やはりクラウドiPadのコンビネーションは便利ですね。これは継続していこうと思います。

アディダスが好きすぎる理由

いつからかわからないが、僕はアディダスが好きだ。スニーカーはアディダスを買うし、ジャージを買う場合もアディダスだ。スニーカーは、NewBalanceやNikeも候補にはなるが、最終的にアディダスを買うことが多いし、最近はジャージのシンプルなスタイルを見直し、買ったりするのだが、やはりアディダスになってしまう。

この問いについて、ちゃんと向き合う時が今だ(恐らくほとんどの人がなんのこっちゃ?と思ったに違いないが、今回はそんなテイストです笑)。

早速、ざざっと理由をリストアップしてみた。

  1. アディダスのロゴの三本線がカッコよい
  2. スニーカーでもジャージでも王道っぽい
  3. 大学時代にスニーカーにハマり、アディダスにハマった。その名残り
  4. サッカーはアディダスの印象。子供がサッカーに夢中でその影響も
  5. 近いが、サッカーはスーパースターがずっと履いてきた

このようにリストアップしてみてわかったのだが、僕はアディダスブランディングに命中されている笑。機能等の品質で分かりにくいアパレル領域で、購買意欲が高まった時にブランドが想起され、想起されたブランドの中でアディダスの優先度がダントツに上がっているわけだから。

前述のリストは、ブランドイメージの形成と、若い頃の青田刈りが大きいポイントだ。

僕が大学時代は、ベッカムジダン等のスーパースターがアディダスだった。彼らがアディダスのブランドイメージを強く押し上げた。勿論ナイキも、バスケットのジョーダンやゴルフのタイガーウッズ等のtop of topを起用してきてブランドイメージを一気に上げたのだが、恐らくサッカーという世界で最も愛されているスポーツのブランドイメージを獲っているのが大きいと思う。僕自身、元々バスケットをしていたが、日本でもサッカーの人気がこの20年で高まったことで、その影響を受けているのだと思う。

若い頃の青田刈りも大きいと思う。10代や20代のブランドイメージと、30代や40代のブランドイメージとが異なるブランド、例えば10代にのみ受け入れられるブランドは30代や40代は利用しにくいし、その逆も然りなのだが、アディダスのようなブランドではそのようなことは起きない。そうしたとき、若い頃に利用してもらい、良い利用経験を持ってもらう、刷り込ませることが後に効いてくる。アディダスの場合、スーパースターやスタンスミスなどの鉄板商品を履いたことがある人は多いと思う。その時、無難さもありつつ、かっこ良さも感じてしまうのだ。その原体験がずっと残る。広い年代をターゲットとした商品の場合、若年層へのブランディングをうまく行うことで、Life Time Valueが大きくなる。アディダスはキラー商品があるが故に実にうまくいっているのではないかと思う。ナイキはエアーマックスがあったが、流行は得たが鉄板商品にはならなかったと思う。

ちなみに、僕は、1のアディダスロゴの三本線も大きいと思っている。ナイキのロゴよりも、色々なシーンで利用することができて、アディダスのブランドの刷り込みや想起の確度をあげていると思う。結局、僕は、アディダスの三本線が好きなのだ笑。

冬の乾燥肌対策の本命

元々僕はアトピーで肌が弱い。冬は乾燥するので肌には厳しい季節なのだけど、最近は年を取ってきたせいか、さらに肌が厳しくなってきたように思う。

乾燥肌対策としては、対症療法として、ワセリンを含むアトピー用の軟膏や市販のハンドクリームを指に塗ったりするのだが、そこまで良化せずに、少し憂鬱な季節だったりするのが冬なのだが、少し前に妻が仕入れてきたのが、こちら。 

Neutrogena(ニュートロジーナ) ノルウェーフォーミュラ インテンスリペア ハンドクリーム 超乾燥肌用。このハンドクリームは、名前も凄いのだが、効果も非常に凄い。北欧のノルウェーは、日本よりも乾燥が激しいことだろう。その厳しい環境で鍛えられた商品だ。

説明も読むと、医療の現場でも使われる99%のグリセリンとのことで、塗ってみると指が完璧なまでにコーティングされ、肌が守られていることを実感せざるを得ない。加えて、全然べたつかないので、ハンドクリーム特有のストレスも全く感じない。

ハンドクリームであるあるなのは、塗ってみる → 効果を感じれない → 塗らなくなる、の悪循環で使い切らずにお部屋の小さなオブジェと化すことが多いが、このハンドクリームの場合、塗ってみる → 効果を超感じる → また塗ってしまう、という好循環に入る。お蔭様で本当に指切れ等のストレスがなくなった。感謝に堪えない。

まだまだ乾燥の季節は続くので、もし乾燥肌、指切れ等に困っている方がいらっしゃるようならば、このハンドクリームを一度試してみてはいかがでしょうか。50gで500円ちょっとのお値段なので、試すリスクはかなり少なそうですので。ハンドクリームにはうるさい私は大満足しております笑