読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たけしの華麗なる消費生活

華麗なるたけしが、日々の生活の中で、華麗に消費していったモノやコトやシコウについてのメモ。JPとUSのVisionary Company、Management Consulting Firm、MarketingやBusiness Development、Business Strategyな経験からか、そもそもだからなのか、かなり自由な風味で書き綴っております^^

最高のシャンプーを見つけた!

health product

老いを感じざるを得ない30代後半

前回のエントリーにインスピレーションを受けて(自分で自分に)、最高シリーズのシャンプー編です。

そもそもの前提ですが、30才を過ぎて中盤に入ろうかというくらいのタイミングでしょうか。20代の頃よりも、髪の量が減っている、また、髪が柔らかくなっている、みたいな印象を受けざるを得なくなった、というのがあります。

学生時代の同級生との飲み会では、ちらほら髪が薄くなっている人も現れだし(逆になぜか増える人もいたりするのですが。。。)、老いを感じざるを得ないわけです。

髪のボリューム問題には手を尽くしてきたが・・・

そうした自分の髪の変化や周りの環境を踏まえると、先手先手を打っていかないといけないよな、と思い、色々と打ち手は繰り出していました。

具体的には、花王のSUCCESSのシャンプーや育毛トニック、資生堂のアミノバイタルのシャンプーやスカルプエッセンス、大正製薬のリアップX5、など。でも、実感、と言えるくらいまで手ごたえを感じたことはありませんでした。

(そもそも、僕の場合は、昔よりは髪の量が減っているけど、今でも、結構髪の量が多い方なので、スカルプとかリアップ等は実感しにくい状況なのかもしれませんが。)

最高のシャンプーは、h&sシリーズだ!

しかし、少し前から利用していて、実感、のレベルまで効果を感じれるシャンプーを見つけました!それが、こちら。

プロテニス選手の錦織圭さんがCMをやっているシャンプーですが、このシャンプーは本当に効果があると思います。広告などでも表現されていますが、髪のハリやコシが戻り、髪のボリュームがアップする、という効果を実感できます。

個人的には、このようなハリやコシなどは、食事や運動のインプットとプロセスの経過の結果なので、それらを改善しないと本来的な解決には至らないのだろうな、でも、そのような根源的な行動習慣をあるべき状態にするのは、なかなか難儀で、困ったな、と思い、ちょこちょこ何かをやっては、特段の効果はなかった、というのが過去の経験ですが。

このシャンプーは、元々の目的である、髪のハリやコシの復活を実現できるなぁ、と思います。勿論、この実感には、個人差があるとは思うのですが、あくまで、僕の最高のシャンプーを見つけた!と思える代物でした。

ご興味がある方は試してみてはいかがでしょうか。どちらにせよ、自分の最高のシャンプーを見つける、っていうのも結構大事だと思うのですよね。みなさんがみなさんの最高のシャンプーを見つける一助になれば幸いです!

最高のヘアワックスを見つけた!

色々と"落ち着く"30代

30代も後半になると、落ち着く、というのがあると思います。

例えば、20代の頃ならば、休日に代官山駅で待ち合わせをし、そこから渋谷、明治通り、原宿、新宿と、主要都市を歩き、色々なブランドの路面店や百貨店で、自分が欲しい服なのか似合う服なのかを探すっていう1日の過ごし方。30代の今ではそんなことはできません。今では、概ね幾つかのブランドの"落ち着いて"しまっています。

そのような"落ち着く"は色々な局面であるのでは、と思います。勿論新しいことは大事なわけですが、新しい必要がないこと、それが最高であるならば、その"落ち着いた"状態、というのは望ましい状態だろうと思うわけです。

長年悩ましいプロダクト領域のヘアワックスで"落ち着いた"!

一方で、なかなか落ち着かないカテゴリも結構あったりすると思います。上げたらきりがないと思うのですが、ここで書いているのは、ヘアワックスについて。10代の後半から色々と試したなぁ、と。

系譜をたどると、最初は、CMでよく流れていて、コンビニやドラッグストアで買いやすいプロダクト。その後、美容室でスタイリストさんと仲良くなり、その流れで、オススメされたプロダクトを購入する、という流れ。そんな流れの中、UNOやギャッツビーなどのナショナルクライアントのワックスやジェル、ミスト系など色々と使いました。

しかし、最近、最高のヘアワックスを見つけた!と思っています。それが、こちら。

とある表参道にあるトップサロンですすめられて購入。少し使ってみて、んー、と思ったのですが、もう一度サロンで使い方などを教えてもらって、もう一回トライしてみると、あら不思議。最高に希望した髪型になるではないですか!!!

あんまり書くのも微妙ですが、髪のまとまり具合とか、動かせ方とか、そういう文字では表現しがたい領域のデザイン性を備えている。非常に優れた商品だな、と。んー、書いてみても、あんまり説得力がないですね、やはり。

でも、20年近くワックスを色々と試した人が"落ち着いた"プロダクトが、上のPEACEなので、ぜひ試して頂きたい!アマゾンだと結構安いので、試しやすいと思います。ぜひー。

世界は毎日優しくなる

think person

ココ・シャネルの言葉にこんなのがある。

世界は毎日単純になっていく

毎日何かを学ぶことで、その人にとって世界は単純になっていく、と説明がされたりしている。色々な分野で世界は毎日進歩し、その複雑性は増していくようにも思えるが、その複雑性の影響力は、一人ひとりに対して、毎日レベルでは、そこまで大きくなく、その人が学ぶことで変わる世界、視界が単純になる速度の方が速い、のではないかとその意味合いを整理したりしている。

こんなことを書くのも、最近思うのは、本当に世界は毎日単純になっているように思えるからだ。毎日振り返りをしながら、自分の学びを整理したりしていると、周りの世界は若干単純になっていくし、その行動や環境の幅によっては、危険なほどに単純になってしまっているのかもしれない、などと考えたりする。

一方で、その学びによって、世界は優しくならないだろうか、と思う。主に、コミュニケーションの学び、誰かに伝え、誰かから伝えられる、そして、何かの行動をするし、してもらう。それがコミュニケーションだったとしたとき、これらを構成する一つ一つに難しさがあったりするのだけど、そこで得られる学びを生かして、コミュニケーションをしていると、相手の置かれている環境や思考、その場限りではなく中長期的な関係性も含めたコミュニケーションを志向しようとしたとき、結果的に人に優しくなっているのかな、とか思うわけです。

そんな風に考えていた時、結果として、人に優しくなる、ということではなく、そもそもの目的として、世界を優しくするために、コミュニケーションを学びたいと思うし、そのコミュニケーションのコンテンツを考える力を学びたいと思ったりするわけです。

世界は毎日優しくなる

最近ちょっと好きな概念です。