たけしの華麗なる消費生活

たけしが、華麗なる毎日にであったモノやコトやシコウについてのメモ。JPとUSのVisionary Company、Management Consulting Firm、MarketingやBusiness Development、Business Strategyな経験からか、そもそもだからなのか、かなり自由な風味で書き綴っております^^

たけしの若手への一言(2) 「企画」スタッフになったら読むべき本 8+1冊

はじめに

さて、たけしの若手への一言シリーズの2回目です。前回は、成長速度をあげるためには素直さが大事だよね、というマインドセットの話でしたが、今回は、かなり具体的な内容です。

タイトルは、「企画」スタッフになったら読むべき本 8+1冊、としているのですが、「企画」スタッフの方も読んで欲しいです。営業でも経理でもどんな機能の仕事をしている人でも良いのですが、新しい何かを考え、実行しようとする人には、役に立つ本なのではないか、と思いますので、是非ご一読ください。

「考え方」を学ぶ本 5冊

企画スタッフでない、ライン業務をしている人の多くの人にとって、「考える」局面が少ないと思います。ライン業務の多くでは、基本的に、仕事が決まっているためです。だから、何をすべきか?それは、なぜか?そして、それをどのように実現するか?について、いちいち考えないでも、前任の人の仕事を教えてもらって覚えれば、人並みにアウトプットを出せることが多いです。「考える」よりも「覚える」ことの方が多いのです(このこと自体、良い悪いはありません)。

しかし、「企画」の仕事は、「考える」ことがメインです。組織がどこに向かって活動すべきかの目標設定について考えないといけないし、私たちがいる現状についても考えないといけない、そして、目標に到達するための道筋についても考えないといけない。それらについて、ひとつひとつ掘り下げて考え、それを積み重ねて考えることが、「企画」の仕事、だと思うわけです。

勿論、「企画」スタッフ以外でも、「考える」ことが多い人はいます。そういう人は、「企画」スタッフと周りの多くからは認識されていないかもしれませんが、「企画」をしています。そのような人の「企画」能力は、わかる人にはわかるので、キャリアパスとして、企画業務につくこともありえたりするのですが、そんなキャリアの話は、またのテーマにしておきましょう。

要は、「企画」スタッフは、考えることが仕事だから、「考え方」を身につけないといけない、と思うわけです。この章では、そんな能力を身に着けることが目的だった時に、役に立つだろう本についてのご紹介なのですが、まずは、こちら。

「世界一やさしい問題解決の授業」。著者は、新卒でマッキンゼーに入社し、その後、ハーバードビジネススクールを卒業した、渡辺健介氏。戦略コンサルティングファームで培った問題解決の能力を、小さな子供でもわかるように解きほぐした内容で、子供向けの本なのですが(現在は、マッキンゼーは辞め、教育ビジネスを起業)、大人が企画の仕事の概観を理解するのにとても役立つ本であり、「企画」スタッフになったら、まずは、この本を読んでおくべきかなと思います。

続いては、「イシューからはじめよ」。こちらの著者も、マッキンゼー出身の安宅和人氏。現在は、ヤフー!ジャパンでCSOの方で、アカデミアでは脳科学を学び、マックではマーケティングを専門とする面白いキャリアを持っていて、ブログ「ニューロサイエンスとマーケティングの間」を発端にこの本が生まれたりしています。この本は、「企画」という仕事の全体像を網羅的に無駄なくカバーしています。とても読みやすい本なのですが、「企画」の仕事で価値を出すためには、どう考え、どのように行動するか、という問いに対して、明解に記述がなされています。コンサルティングファーム出身でありながら、事業会社に現在では所属しているからなのか、リアリティのある内容とも言えるかもしれません。今でもたまに読みますが、何度読んでも気づきがあるような本で、最もオススメの本です。

続いて、二冊。「仮説思考」「論点思考」。これは、先に紹介した「イシューからはじめよ」にある思考プロセスの二つについて更に解きほぐした内容、と整理できる本かなと思います。書いたのは、ボストンコンサルティンググループの元日本代表の内田和成氏。かなり前に書かれた「仮説思考」はかなり売れたので有名。思考を中心とした仕事では、おかしな頭の使い方をすると時間はいくらあっても足りなくなるわけで、そういう意味で、大事な思考プロセスの二つが紹介されています。「イシューからはじめよ」よりもやや現場感は弱いのですが、一読に値すると思います。

そして、この章の5冊目の本が、「思考・論理・分析」です。マッキンゼーで新卒第一号の波頭亮氏による本です。「考える」ことについて考え、原理的な能力を身に着けることを志向したときに、最も本質的な本になっています。そもそも、「考える」とは何か、というところから始まり、論理とは、分析とは、と解きほぐしていくわけですが、この本は、まったく無駄な文章がなく、読んでいて清々しさすら感じるレベルです。とはいえ、これまで戦略やら企画やらの本を読んだことがない人には刺激が強いかもしれないな、と思い、先の4冊を読んだ上で読んで頂くと丁度良いかな、という意味で5冊目の紹介になります。

「生産性の高め方」を学ぶ本 3冊

この章こそ、「企画」スタッフだからこその本でもなく、昨今の働き方改革などの背景を踏まえると、すべての人が読むべき本だと思っていますが、「企画」の人は、不確実性が高いテーマを取り扱い、定型の業務の割合が少ないがゆえに、生産性を高めるためのポイントが実はすごく沢山あることに、読んでみると気づくことができます。

勿論、気づくだけでなく、これらの本にあるtipsやヒントを実践することで生産性が高まると思いますし、そこにあることについて、実践するだけでなく、彼ら著者らがそれらに気づき彼らが実践するに至った背景にも迫って考えてみることで、これらの本で紹介されていることだけでなく、私たち自身が、自らの改善の取組みを自律的に実践していけたらという意味でオススメさせて頂きます。そして、これらの本は、前章と比べて、読んだらすぐに実践できる内容も多い点でもオススメで、これらの本も早期に読んで、環境や能力のキャッチアップスピードを上げる意味でも大事だと思います。

まずは、こちら。佐藤オオキ氏の「400のプロジェクトを同時に進める佐藤オオキのスピード仕事術」。NHKのプロフェッショナル仕事の流儀に出演したときのNHKによる紹介では、「超人的」な仕事っぷり、と。よくある広告業界グラフィックデザイン、といった狭い領域でのクリエイティブではなく、プロダクトや建築、ビジネスなどなどあらゆる領域でデザインをし続ける佐藤オオキ氏だが、その背景には、日々創意工夫を行い、自らの能力を高め続けようとしている取組みがあります。本にある一つ一つの意味合いを理解し、取り入れたいのは勿論ですが、自分という人間に向き合い理解し、その上で、自分に最適な仕事の仕方を追求している点も見逃せないし、そんな姿勢も取り入れたいところです。

こちらは、マッキンゼーの元パートナーの赤羽雄二氏の「速さは全てを解決する 『ゼロ秒思考』」。この人は、生産性の鬼で、佐藤オオキ氏に通じるところがあります。生産性は無限に上がり続ける、という考え方、姿勢を前面に出している点、そして、マッキンゼーで結果を出し、その後、独立し、もう60歳近いと思うのですが、今でも果てない向上心を持つ点にはとても好感を持てます。20代でも、30代でも、40代でも、何歳でも、自分自身を改善し、より価値を出せる人になれるし、向上し続けることができるのだ、と考えることができると思えます。本の内容としては、佐藤オオキ氏よりもよりtipsの色彩が強いのですが、日々の行動習慣を変えたり、仕組み化することによるメリットが大きいのは言わずもがななわけで、すぐに取り入れられることも多く、誰もができるだろうという意味で、こちらもとてもオススメです。

こちらは、よくあるハーバード式、の冠がつくタイトルで、ノウハウ本の色彩はより強いのかもしれませんが、先の「ゼロ秒思考」と同じ位置づけとして、グローバルのトップノッチの目線でも、生産性向上の術を担保するという意味で、読んでみたらいかがでしょうか、という本になります。著者は、30兆円を動かす資産運用会社の元会長で、ハーバードビジネススクールで教鞭もするロバート・C・ボーゼン。グローバルリーダーの仕事っぷりを垣間見ることができて、良いかなと思います。

おわりに+1冊

最後に、+1冊のご紹介。

こちらは、ボストンコンサルティンググループの前日本代表の御立尚資による「使う力」。企画に大事なスキルを構造的に整理し、それらのスキルを高めるための本なども紹介されていて、この本を読んで、さらに、自分が高めたいスキルにつながる本を読む、というサイクルに入れる意味でも、とても良い本だったりするのですが、ここでオススメしたいのは、「使う」という行動についてです。

今回紹介した先の8冊もそうですが、自分に本質的に役に立つ情報はそこかしこにあり、それを指南してくれる情報も同様にそこかしこにあり、私たちは、何かをやればよい、だけの状態にあることは多い。今回紹介した本も、読んだり学んでほしいことなわけなのですが、それらを仕事という実践の場で使わなかったら、そもそもの大目的からは外れてしまって、時間潰しのネタになりかわってしまいます。この「使う力」という本では、そのように、手段が目的化してしまうような、頭でっかちな学習オタクになるのではなく、学んだことを使っていこう!と説かれている点がポイントです。

今回のエントリーのタイトルの通り、一義的に「企画」スタッフになったら、といった状況に置かれた人を対象とした内容だったとしたときに、これまでに紹介した本は、毎日「使える」本になっているのです。本を読んだら実践し、実践してみたら本を読んでみる。かの一橋大学大学院の楠木健氏に言わせると、具体と抽象の行ったり来たり、を毎日毎日積み重ねることができる環境にあります。(逆に、ライン業務の色彩が多い部署にいる方は、本を読んでも、少し目の前の仕事からは遠いため、シャドーボクシングの色彩が強くなってしまいます。でも、そんなシャドーボクシングを積み重ねることが能力向上の機会獲得の確度を上げていくとも思うので、是非読んで欲しいとも思います。)

そういう意味で、ここで紹介した本は、まずは読んでみて、実践してみて、また読んで頂きたいな、と思います。わずか、8+1冊。私が、20代の頃は、色々な人や何かの情報を得て、手当たり次第の本、きっとその数十倍以上だと思いますが、そんな沢山の本から厳選した、8+1冊になります。是非、手に取ってみて頂けたらと思います!

齋藤孝さんが説く、「読書」と「思考力」の関係

齋藤孝さんによる「読書が育む思考力」

f:id:TKC-i:20170917183009j:image学研が月次で新聞を発行しているのですが、10月号の特集が良かった。テレビにもよく出ている明治大学文学部教授の斎藤孝さんが出ていたのだけど、読書が育む子どもの思考力、という記事が書かれていた。引用すると、

  1. 読書から得られるものはたくさんありますが、もっとも重要なのは「思考力」です。私たちは、頭の中で考えを整理していくときに言葉を使います。ぼんやりと思っていることも、言葉を使って考えるとはっきりします。思考力は言葉ととても関係が深いと言えるでしょう。言葉を使いこなせないと思考力を深めたり、正確に表現したりできません。そのために、必要な言葉や論理の組み立て方は、本を読むことで得られる部分が非常に大きいのです。
  2. 日常会話だけで語彙を増やすには限界があります。読書をして語彙を増やし、思考の訓練をすれば、思考がそれだけ緻密になり、思考する持久力がつきます。幼いことから読書をするかどうかで、将来、大きな差が出るでしょう。
  3. 読書の質を高める手段の一つとして、読み終わったあとに、あらすじを話すというのもよい方法です。読んだ本の内容をアウトプットする習慣をつけておくと、読みが深まり、本の内容を記憶にとどめる効果もあります。
  4. あらすじを話す、その次のステップに、感想文を書く、ということがあります。一冊すべてについて書くのではなく、面白いと思ったところにだけについて書くのでも構いません。本から得たことを書いてはっきりさせる、これは志向の訓練になるので、とても有効です。

学研の広報新聞なので、子供向けの内容、とは当然考えることができるのだけど、子供だけではなく、全ての人に通じた内容であり、大学を卒業した大人にとっても、意味合いが深い内容だなぁ、と思い、筆をとったのが今回のエントリー、ということです。

「思考力」と読書の関係

1. は、読書が必要であることの背景が書かれているのですが、思考力には、語彙や論理立てが必要なわけですが、それらの能力のためのインプットとして、読書があるということです。一方、それらの能力獲得において、別に読書でなく、日常会話、日常生活でも十分なのではないか、という反論が起きそうな点について、2.では未然に反証している形になっています。やはり、読書は必要です、と。

3. のあらすじを話す、と4.の感想文を書く、というのは、1.などでも書かれている、語彙や論理立てのインプットから、自分の能力に昇華させる定着率を上げるためのアウトプット行動の取組み、という位置付けになります。ただ、目で見て脳で理解するだけでなく、実際に、口と耳を使って、あらすじを話したり、目と手を使って、感想文を書く、といったアウトプットの行動をすることで、インプットからの能力定着率があがる、ということです。

僕は、このブログで本のレビューを書くのも同じ目的で、本を読むこと自体はとても良い行動なのだけど、その行動だけで満足するのではなく、何かしらアウトプットすることで、そのインプット情報を一回使ってみる、という行動が大事なのかなと思うのですよね。その過程で、目に入っていた語彙を明確に意識し、論理立てについては尚更、アウトプットに至れないわけなので。

おわりに

他にも、この特集では、いかに、読書を「習慣」にするか?といった論点について、読書のハードルを下げる、とか、どのような本が良いか、とか、読書している子供に対してどのように接するか、といったことも書かれていて、とても密度が濃い内容でした。

この特集では、こちらの本も紹介されていたので、恐らくここで書かれていた内容は最低限書かれているのでしょう(齋藤孝さん的には、本の宣伝の意味でもあるので)。もし、読書の意味合いや、読書習慣の身に着け方に興味があるかたは、小さな子供のいらっしゃる方だけでなく、大人の方も一読されてはいかがでしょうか。 読書、という行動について、改めて考えさせられ、向き合い方が変わるかもしれません。ぜひ~

運動会に参加する時に準備するコト

運動会の開催月の傾向

9月ももうじき後半に入り、あっという間に10月です。10月といえば、私の子供の幼稚園では運動会があるので、少しテンションがあがってしまうのですが、世の中の運動会の開催月は、こんな感じになっているようです。

f:id:TKC-i:20160925094918j:plain

10月が最も多いわけですが、2学期が始まったばかりの9月も多い。加えて、5月を中心とした初夏も多いですね。天候が安定して、温度も暑すぎず寒すぎずのタイミングを選んでいると言えるのではないでしょうか。

親が、運動会の準備に必要な持ち物 

さて、私としては、今年の運動会は3回目になります。運動会を前に準備すべきことは何なのか?これが今回のエントリーのテーマです。まず、持ち物ですが、定量的な情報はちょっと見当たらなかったのですが、cozreによると、こちらが、必須持ち物のようです。

  1. 帽子
  2. うちわ
  3. ウェットティッシュ
  4. 凍らせたペットボトル
  5. カメラの三脚
  6. ミニテーブル
  7. アウトドアチェア
  8. ジャグ(大きい水筒)
  9. 行楽ランチボックスセット
  10. サンシェード
  11. アウトドアワゴン
  12. ポータブルクッション
  13. カメラの一脚
  14. ピクニックランチボックス
  15. マルチクーラー
  16. 厚手レジャーシート 

引用してみましたが、経験者としては、こんなにいらないでしょ!と突っ込みたくなります。11.のアウトドアワゴンて(笑)。どんだけ観覧スペースが広いんだ、と。7.のアウトドアチェア、10.サンシェードも後ろの人とかに邪魔だから、っていう。

そういう意味で、1.帽子、2.うちわ、3.ウェットティッシュ、6.ミニテーブル、15.マルチクーラー、16.厚手レジャーシート、くらいで良いと思います。加えて、サングラス、ビデオカメラ、タオル、などがあれば十分なのでは、と思います。

運動会の席取り合戦で注意すべきコト

持ち物以外で、運動会に際して注意するコト、突き詰めると、運動会の席取り合戦のさいに注意するコトがこちらです。

  • 良い場所を取るために、早めに会場に行って並ぶ
  • 長い時間並ぶことになるので、チェアを持っていっておきたい
  • この並ぶ時に、仲が良いから、という理由で割り込みをしない

グラウンドのスペースは限られているので、観覧スペースも限定的です。ですので、場所取り合戦が勃発します。会場されると、走り出す人もちらほら。勿論、私はガチで走り出す派です。

でも、走り出す前に、早く会場に到着して、並んでおく必要があります。目安は1時間前です。30分前だとかなり並んでいて手遅れになる可能性が高く、1時間前だと10番目前後の順位を獲得することができました。概ね1時間前には着いて並んでいたいところです。

この時に、何かチェアを持っていくと助かると思います。1時間とか並ぶので運動会が始まる前に少し疲れてしまうし、頑張る自分を客観的に見つめ直したりする時間を過ごします。チェアがあれば、あとスマホがあれば、ストレスをミニマイズすることができると思います。

そして、この時に、注意すべきなのが、割り込みをしない、ということです。過去にそんな人たちがいて、無性に腹が立ったのを覚えています。割り込みをした人は、恐らく全く悪気はないのだと思います。あっけらかんと、先に来ていた友人と談笑しながら合流です。

しかし、その後ろには1時間近く並んで待っている人が沢山いるのです。コンビニで、ついでにこれも買っておいて、みたいなノリと違うのです。その張り詰めた空気も事前に理解しておいた方が良いでしょう。

おわりに

運動会は年間を通しての一大イベントの1つです。親が参加する種別もあったりします。でも、親は応援すべき立場であり、それがゆえの準備があったりします。あれがなくてなんだで、ギャーギャー言って一大イベントを台無しにしないように、できるだけ良いポジションを獲得して、子供の頑張る姿を見れるように、しっかりと準備をして、運動会のコンテンツに臨みたいですね。もうじき本番、みんなで、頑張りましょう!