たけしの華麗なる消費生活

消費したモノ・コトについて、書いています。

マツダ | mazda を好きになってしまった話

タイトルの通りなのですが、自動車のマツダを好きになってしまいましたー。何の告白?いうことなのですが汗、マツダを好きになってしまった話をしたいと思います。

自動車はブランド品

自動車の基本価値は、移動、だと思いますが、自動車の価格の高まりに伴って、ブランド価値が高まり、価格の違いの半分以上がブランドでは?と考えてしまったりします。

洋服や鞄、時計などは、ブランド品を買い集める方は多いと思いますが、自動車も全く同様だと思います。

鞄では、ルイヴィトンを持ち、次はシャネル、エルメスバーキンと高級ブランドの階段を上るように、自動車でも、メルセデスに乗り、次はベントレーロールスロイスといったように。

ブランド品を全く欲しなくなった最近

僕も昔は、ブランド品を持っていた時もありました。洋服とか鞄とかで。

洋服では、せいぜいコムデギャルソン等なので超ハイブランドではないのですが、ブランドを意識して買っていたのは間違いないと思います。

しかし、色々なブランドを買ってみると、ブランドを気にしなくなりました。あくまで消耗品だよね、とか。結局、持っている人がどのように着こなすか、持つか、が大事なので、ブランドに頼らなくても良いでしょ、とか。

そんな風に、ブランド品を卒業していったのですが、自動車は、なぜか、あの自動車に乗りたい、みたいなブランド信仰があったのが少し前でした。

しかし、最近、自動車のブランド品も欲しくなくなりました。

これは明確な理由があります。とある外車に乗っていたのですが、狭い道でトラックに擦り、超高い修理代がかかることになり、「コレハ、ナニのゲームをシテイルノダ?!」と思ったためです。

所謂、目が覚めた、っていうヤツです。

そして、マツダに出会った

結局、買い換えることにしました。

買い替え対象としては、外車はスコープアウトにしました。買う意味がわからなったので。外車を買うくらいなら、国産車を買って、その差分については、投資に回した方が賢明だと。

そこで、出会ったのが、マツダでした。

僕が、自動車に求めるのは、デザインです。そういう意味で、ポルシェやアウディのデザインは素晴らしいと思います。でも、価格がなかなか高いのです。

一方、マツダのデザインも素晴らしい。ポルシェやアウディよりも価格が求めやすいというコスパの要素を抜いても、良い勝負をすると思います。

僕は、結局SUVを書いましたが、セダンもロードスターも素晴らしくカッコいい。SUVを卒業する際には、どちらかを買いたいと思ってます。

おわりに

調べてみると、マツダのデザインは、とあるデザイナーが磨き続けたみたいですね。素晴らしい。

皆さんも、自動車の買い替えの時には、マツダを候補の一つに入れてみてはいかがでしょうか。(私は、全くマツダの回し者ではありません笑。)どうぞ、宜しくお願い致します!