たけしの華麗なる消費生活

日常で気づいたコトを書いてます。

デジカメとスマホのデリケートな関係

最近、デジカメを使ってます

元々、ズームが結構効いているデジカメを持っていたのですが、僕はあまり使わず、妻がたまに使っていたくらいだったのですが、最近、お出かけの際には、デジカメを持っていき、デジカメで写真を撮るようにしています。

デジカメを使ってみて、気づいたこと

当たり前かもしれませんが、デジカメはスマホよりきれい。Apple To Appleな比較は難しいので割愛しますが、デジカメはスマホよりきれいなケースが多い。ズームも効くので、遠近問わず、何かをきれいに撮って、写真に残したい場合、スマホではなくデジカメの方が良いな、と最近強く思っています。デジカメだけで、5万円程度するモデルは多いので、それと価格帯が近づくスマホと撮影能力で比較すると、デジカメが勝つに決まっていると言えばそうなのですが。

ちなみに、スマホとの接続性も、デジカメメーカーのアプリを使えば簡単なので、いますぐSNSでアップしたいんだよ!というケースを除けば、負荷はあまり感じないと思います。僕の場合、iPadに写真をため込んでいるので、iPadにデジカメのアプリを置いておいて、iPadに写真を全て移管し、iCloudを経由して、インスタに写真をアップしたり、といった動線で運用している感じです。そこまで、SNSを頑張っているわけでもないので、SNSアップの即時性の重要度は高くないのでこれで満足しています。

デジカメを使ってみて、変わったスマホの使い方

冬休み中は、そんな風に、デジカメを使う生活をしていたのですが、面白いもので、そのように外出時にデジカメを使っていると、スマホを使う頻度が下がっていきます。少し考えてみると、何かを写真撮る、という一動作を始点に、スマホを使いだし、インスタやツイッター、メールなどの他のアプリをチェックし出すことって多いのだな、と。その始点である写真撮影をデジカメに代替させると、スマホを利用する頻度が減少していくのでした。

スマホって、オールインワンの利便性が一つの価値なのですが、だからこそ、別に優先度の高くない動作(アプリ利用)を誘引して、時間を浪費しまうデメリットもあるのですよね。というのを改めて感じたと同時に、その回避策として、デジカメを日常使いするっていうのがありなのではないか、と。そんな風に思ったのでした。

ということで、もし、写真を重視した日常生活をしている方でしたら、スマホではなく、デジカメに利用をシフトするのも結構良いと思うので、一定期間試してみてはいかがでしょうか。よろしければ~