たけしの華麗なる消費生活

日常で気づいたコトを書いてます。

世界一のダンサーKENZOの男泣きと、DA PUMPメンバーの笑顔

昨日のレコ大のDA PUMPのニュース。泣けました。

headlines.yahoo.co.jp

KENZOのスピーチはこちら。

『U.S.A.』という楽曲で僕たち、夢みたいな時間を過ごさせてもらっています。7人で出演出来て、このステージで皆さんに感謝を届けたいし、21年間ずっと歌ってきたISSAさんと一緒に感謝を届けたいと思います

KENZODA PUMPのメンバーのこれまでの活動を想像し、このレコ大の晴れ舞台でのKENZOのスピーチを読むと、どうしても涙腺が緩んでしまいますね。どんなに才能があっても成功するかわからない芸能界。移ろいやすい世間を捉えるためのコンテンツを創りあげるのは、奇跡的なことだと思います。その奇跡的な難しさの前で夢破れる人たちは多いし、諦めないで夢を現実にする人もいる。そんな過程を知り尽くしたKENZOの言葉は重いし、見るものを感動させるな、と。

ちなみに、その後のISSAの掛け声は男気があってカッコよくて、本当にチャーミングだ。そして、他のDA PUMPメンバーがとても笑顔なのはステキだなと思いました。今のDA PUMPは、きっとエンターテイメントを本当にわかっていて、老若男女のファンや視聴者を魅了し、笑顔にすることにコミットしている。だから、自分たちの笑顔も大事にしているのではないか。そんな風に見ていて思ったのでした。

今年のDA PUMPには感動したし、来年のDA PUMPにも期待したい。人気者になったから、ゴシップには注意して(特にISSAの女関係w)、勝負の次の曲をものにしてもらいたい。頑張れ、DA PUMP