たけしの華麗なる消費生活

日常で気づいたコトを書いてます。

本との新しい付き合い方

家にある本との新しい付き合い方

クラウド化は、今更感があるテーマですが、最近徹底しだしたのが、本のお話。昔から色々な本を買って読んでいたので、本が家に溜まりまくっていました。一時期、Kindleを利用しているときもあったし、時々古本屋にも出していましたが、物理的な本は数百冊でしょうか、うちの本棚を占めていました。で、最近、物理的な本を電子データに変換して、クラウドにストックし、本によっては、kindleに読み込ませて、kindleの付箋なども活用しながら、情報を読むスタイルに変えています。電子データにしたのは、BookScanというサービスを利用しており、詳しくは、サイトをご覧頂ければと思いますが、そのような、本の電子データ化+クラウドの運用をしてみて、思うのはこちらです。

家にある本を電子化したときのメリットとデメリット

まず、メリットについて。

  • 会社や外出時、移動時等、本だと物理的に持ち運べる量に限りがありますが、あらゆる本がクラウドにあるので、いつでもどこでも、iPhone/iPad/PCで本を閲覧可能
  • よって、仕事で必要になった情報は、常に"本"で調べることが可能。webの記事よりも、構造的かつ詳細な内容であることは多いので、特に、各種テーマの原理的な本の情報で役に立つことが多い
  • 全ての本の情報が手元にある、安心感が生まれる。何か本を持って行かないといけない、というプレッシャーも全くなくなるので、本の情報にまつわるストレスがゼロナイズされる
  • 本を持ち運ぶことがなくなるので、移動中のカバンの重さは軽減され、楽になる
  • 家の本棚が本棚でなくなる、本を置かなくて済むので、家の中はその分広くなる。本棚自体は処分していないですが、他のスペースを占めていた子供の書類などを置くことで、スペースが有効になる
  • 本にある情報は活用しないと意味がないのだが、本棚に本がある、という妙な優越感なのか安心感みたいなのがなくなる。だから、情報を活用するプレッシャーが高まる

一方で、デメリットについて。

  • 始まりだが、電子データにするコストがやや高い。出来上がり品質の高いBookScanだからというのもあるが、プレミア会員(にしないと、着手が数か月先になる)の場合、月約10,000円で50冊、要は、1冊200円かかる。そのお金で、他の本を買える
  • (デメリットではないですが)だから、本当に電子データ化して読み返すことがあるのか?と自問自答し、そうでない本は、メルカリに出しました
  • 本の肌触り感がなくなる。あの感覚は結構好きだったのだけど

まあ、電子データ化自体へのデメリットは少ないかもしれません。あと、細かい部分だと、本の発送なども面倒で、宅急便を利用すると、場所にもよりますが、数千円かかってしまったりします。より、1冊あたりコストにヒットします。

新しい本との新しい付き合い方

ということで、元々、家にあった本を電子データ化することは、全て電子データ化するに越したことはないですが、では、新しい本との付き合い方はどうするのか、があると思います。

新しい本は、そもそも、電子データ(kindleなど)があるか・ないか、がありますが、それに加えて、前述にもありますが、何度も読み返すか・しないか、も考慮に入れて、どのように新しい本と付き合うか、を変えています。結論としては、こちら。

  1. 電子データがある、かつ、何度も読み返す ->電子データで購入
  2. 電子データがある、かつ、何度も読み返さない -> 本で購入  =>メルカリ
  3. 電子データがない、かつ、何度も読み返す -> 本で購入 =>BookScan
  4. 電子データがない、かつ、何度も読み返さない -> 本で購入 =>メルカリ

2, 4の何度も読み返さない本は、電子データがあろうがないかろうが、本で購入するしかなく、その後はメルカリ行きになります。でも、1と2の分岐はちょっと考えると思いますが、原理的かそうでないか、流行り物かそうでないか、みたいに、その本を考えると判断できるかな、と思います。ちなみに、流行り物は、メルカリではほぼ買値で売値がつくので、手数料+配送料のコストでその本を読めることになるので、ちょっと賢い読み方かなと思います。

悩ましいのが、3のパターンで、元々あった本をBookScanで電子データにするのは良いのですが、50冊/月単位でないとプレミアム会員は損だけど、プレミアム会員でないと電子データになるのが数か月先という状況。としたときに、SnapScanなどの本当の自炊のデバイスを購入した方がよいかな、雑誌等も簡単にできるし、と考えているのですが、これはもう少し先に結論を出したいと思います。

1は、そうだよね、という感じだと思いますが、kindleなどの電子データだと一度に沢山購入しやすく、かつ、一度に持ち運べるのですが(当たり前ですが)、それがゆえに、ちゃんと読まないリスクが生じるので注意が必要です。勿論、全てのページを読む必要はないのですが、そのレベルではなく、数多ある本に、購入したばかりの本が埋もれて、あんまり読まないで通り過ぎてしまう、みたいなことがおきます。物理的な本の場合は、1冊なり2冊を大事にカバンに入れたり、目に入るところにあるので、優先的に読む動線ができているのですが、クラウドに入ると、その動線が弱まるためですね。だから、kindleなどで買うときは一冊ずつで、すぐにその本に目を通すことが有効かな、と思います。

おわりに

そんなわけで、家にある本、そして、新しく購入する本、との新しい付き合い方でした。本にまつわる環境が、iPadなどのデバイスクラウド/Kindleなどのサービス、メルカリなどの2次流通インフラ、といった面で変わってきてるので、僕たちの本との付き合い方も新しくなるのだなぁ、ということで、少し整理しました。ご参考頂ければと思います~