たけしの華麗なる消費生活

日常で気づいたコトを書いてます。

iPad生活、ふたたび

久しぶりにiPadを利用してみての所感

最近iPadを久しぶりに使っています。もう数年ほどご無沙汰だったのですが、セルラーでいつでもどこでもネットにつながる形で利用するようになって、一か月くらいでしょうか。せっかくなので、所感を書いておこうかな、と思います。

  • インプットツールとして最高なのではないか。iPhoneなどのスマホやPCよりも、情報をインプットするときに便利。スマホは画面が小さいので、一度に視認でき読める量は限られ、スクロール等の操作が多い。PCは操作工数がかかる分遅い。iPadは基本一度持ったところから、同じアプリやサイトならば親指だけで、スクロールもページも変えられて、作業工数は最小化されている。この負荷のないシームレス感は素晴らしい

  • 逆に、アウトプットとしては使わないでよいだろう。PCはもとより、スマホフリック入力よりも、入力工数であり時間はかかってしまうだろう。あくまで、隙間時間や何かの長良時間にインプットするために使うツールだと思う

  • そんなことを書いてみると、純正のキーボードがあるではないか、という話も聞こえてきそうだが、あのキーボードを開いて使うシーンはどんなときだろうか。もしそんなシーンがあるならば、PCを利用した方がよいシーンだと思う

ポストPCとしてのiPadの利用シーン

CMでは、ポストPC的な位置づけでiPadを訴求しているわけで、能力をフルにつかっていないのではないか、という話はあるかもしれないだろうが、現時点の結論としては、ポストPC的なCMの利用シーンはライトユースの場合に限るのではないか、と思う。PCですごいスピードで、メール、エクセルでの分析、そして、PPTの資料作成をやっている人には、恐らく耐えられないだろう、と思う。

Apple Pencilは使うべきか否か

もう一つ、上記に書いてないのが、Apple Pencilについて。iPad Pro、そして最近のiPadについては、Apple Pencilが重要な位置づけを占めていると思うのだけど、店頭で利用してみるくらいだと、その利便性について、しっくり来なかった。そもそもiPadでアウトプットプロセスを預けようとしていないので、iPadApple Pencilで書いた何かを誰かに送る、さらに何かを作る、みたいなのはちょっと遠いかなと思ったし、Apple Pencilを携帯し管理するのも面倒に思った。元々、ペンとノートがあれば、なんでもできるでしょ、と思っている人でもあることもあり、こちらは採用しないことにした。

おわりに

久しぶりにiPadを持ってみて感じたこと考えたことを、少し多面的に書きましたが、シンプルに、iPadってとてもいいな、と思いました。もう少し、使い込みだしてみると、Apple Pencilも使っているかもしれませんね。また何か気づいたら書きたいと思います~