たけしの華麗なる消費生活

日常で気づいたコトを書いてます。

秀逸すぎる物まね絵本

「なつみはなんにでもなれる」。

子供のユニークな様を切り取り、独特の世界観を創り上げるヨシタケシンスケさんの本で、いつの間にか家にあり、最近下の2歳のコにせがまれて読んだのだけど、読みながら面白くて仕方なかった本なのです、これが。

  • 主人公のなつみが、色々なモノやコトの物まねをあてっこするお話なのですが、その一つ一つが「あるある」にもほどがある
  • 加えて、物まねの絵がリアルで、絵なのだけど、本物を見ているかのような感覚
  • 子供とのやり取りの日常の一つだと思うが、その日常のユニークネスであり、喜ばしいことの一つであることを再認識させられる

これはシリーズ化して欲しい本だなー。幼稚園児のいる方にはぜひ手に取ってほしい本でした。オススメです!

ヨシタケシンスケさんの本については、こちらもご一読をー

takeshikarei.hatenablog.com