たけしの華麗なる消費生活

日常で気づいたコトを書いてます。

迷わずDysonを買えばよい理由

少し前に、Dysonを買いました。こちらの品ですね。ハンディークリーナー。

Dysonを購入した理由

実は、結構買うのを躊躇っていました。Dysonが有名になってから暫くなので、数年とか5-6年とかいう期間でしょうか。Dysonを欲しいな、使ってみたいな、と思っていたのに、なぜか買わなかった期間の長いこと長いこと。で、買ってみて、思うのですが、迷うのは無駄。欲しいと思ったならば、すぐに買えばよいです。勿論個人的な意見ではありますが笑。

今回購入に至った背景としては、元々僕自身がアトピー持ちで、子供もデリケートなので、ソファやベッドの掃除が気になったわけです。アトピーの原因であるアレルゲンの多くは、ハウスダストであり、その構成要素はほこりやダニなのですが、ソファやベッドは構造上、それらが溜まりやすいわけです。としたときに、ハウスダストを沢山除去してくれるツールはありがたいわけで、Dysonのハンディークリーナーがピックアップされたのです。

Dysonハンディークリーナーを利用した感想

で、買って使ってみての感想がこちらです。

  • 噂の吸引力は想定以上。なんとなくでなく明らかに実感できるレベル。というか、吸引したトコロと吸引していないトコロとでは色が違う!
  • UX、つまりは、利便性が高い。プロダクトデザインとして、原色を使っているのですが、それぞれの色に意味を持たせていて、使用する過程で迷うことがない。AppleのUXに近いトコロがある
  • 近い話ですが、Appleと同様、説明書がめっちゃ薄い、というか、ほぼない。使ってみると使える、というわけ
  • 一方で、電源はあまり持たない。強い吸引力の裏返しになりますが、大体、数時間充電して、数十分しか駆動しない
  • それにしても、コードレスはうれしい。ベッドなどの掃除はとてもしやすいし、車の中も、同様に掃除することが可能

概ね満足しています!

おわりに

掃除のお供、ツールって結構大事だと思います。そのツールがイケてないと、掃除自体が疎遠になってしまいますから。掃除の利用のハードルの高さになるわけです。逆に、イケてると、ちょこちょこ掃除をしようと思うものですし、そうなると、部屋はキレイで快適になります。そう考えると、多少高くても、イケてるツールを買って使いたいものだな、と思うわけです。今回ご紹介したツールも一例なので、みなさんがみなさんが思うイケてる掃除ツールに出会い、日々利用頂けたらな、と思います!