たけしの華麗なる消費生活

たけしが、華麗なる毎日にであったモノやコトやシコウについてのメモ。JPとUSのVisionary Company、Management Consulting Firm、MarketingやBusiness Development、Business Strategyな経験からか、そもそもだからなのか、かなり自由な風味で書き綴っております^^ 更新は、毎週月・水・金曜です

たけしの若手への一言(1) 「素直さ」が、成長スピードを変える

成長するためのマインドセットのうち、最も大事なのは「素直さ」

少し前に、こちらに、成長のために大事なマインドセットを書きました。

takeshikarei.hatenablog.com

ここでは、三つ書いていて、自ら引用すると、こんな感じ。

  • 厳しい局面でも逃げないでやり切る強さ
  • 厳しい局面を呼び込む積極性
  • 結果から再現性ある能力に昇華させるための謙虚さ

このエントリーでは、最も大事なのは、一つ目のやり切る強さ、と書いたのだけど、このエントリーの後にそこそこの数の若手と出会い、やり取りをする中で、考え方を改めていて、最も大事なマインドセットは「素直さ」だと思っている。上の三つ目に書いた謙虚さから少し意味合いが変わった形です。

ここに書いたことに通じるのだけど、自分に足りない要素を特定し、その足りない要素を補うための行動を一定量続け、必要ならば、さらに、その中で足りない要素を補うための何かを特定し、それを補うための行動を一定量続ける、というプロセスが必要。その一つの形が、フィードバックプロセスになりますが、その効きを良くするのが、「素直さ」だと思うわけです。

「素直さ」が、成長のコンバージョンレートを増減させる

誰かが自分の足りない要素、身に着けた方が良い要素、について教えてくれるのがフィードバックであり、そのフィードバックを基に、自らの改善行動に落とし込み、その行動を継続すると、能力が身についていく、そして、またフィードバックが・・・そんなプロセスなのだけど、「素直さ」があるかないかで、そのコンバージョンレート(CVR)が大きく変わっていく。大きく二つ。

  1. 色々な人が発するフィードバックを、自分事としてキャッチするまでのCVR
  2. キャッチしたフィードバックから、改善行動を実行するまでのCVR

チャートにしてみると、こんな感じです。

f:id:TKC-i:20170907222311j:plain

一個目のCVRについては、素直さがあれば、色々な人が色々な局面で発したフィードバックをキャッチできるのだけど、素直さがないと、フィードバックが自分向けにきているというのにフィードバックと認めず、素通りしてしまったりする。二個目のCVRは、キャッチしたフィードバックから改善の「行動」をするかしないか、なのですが、こちらの方がクリティカルであり、素直さが最も大事とする理由だ。

結局、「行動」しないと、結果は変わらないし、能力も獲得できない。当たり前なのだけど、なぜか「行動」しない人は多い。フィードバックには、抽象度の高いモノもあるが、具体的な行動にまで落としたモノもあるし、実は、具体的なフィードバックの方が多い。要は、そのフィードバックを実行するかしないかの状況に出くわすことは多かったりする。その時、素直な人は、そのままフィードバックしてもらったことを実行するが、素直でない人は何もしない。能力を獲得できるかどうか、において、この分岐によるインパクトは非常に大きい。ここにあるCVRの数字は僕の感覚値で、あくまで参考値だが、僕の実感としては、素直さのある人とない人とでは、かなりの差分があると思わざるを得ない。

ということで、「素直さ」はとても大事だと思うのだけど、素直でない人は実に多い。生まれたときから、素直でないという性格的な人もいるのかもしれないが、何らかの成功体験を持っている人がどうも素直でない人が多いように思えて、そういった人は、先に出した一個目のフィードバックをキャッチしないケースが多いように思うし、頭で理解したと思っているのか、実際に行動せずに、できるようにならない人が多いように思う。しかし、脳の中で理解しているだけではほぼ価値はゼロで、実際に出来て、結果が出て、誰もがそれらに気づいてもらえる状態になっていないと、価値は感じてもらえないし、能力があると評価されることもない。

「素直さ」は、そもそもの成長機会であるFB数を中長期的に増減させる

と、ここまではコンバージョンの話をしたのだけど、時間軸を少し引っ張ってみると、素直さがあるかないかによって、そもそものフィードバックの数(=成長機会の分母)を増減させてしまうと考えられるため、さらに、もったいなくなると思う。こちらもチャートにするとこんな感じ。

f:id:TKC-i:20170907222338j:plain

フィードバックした人は、少なからず、その相手に期待している。良くなって欲しいと思っているから、フィードバックをしている構造。しかし、相手がフィードバックを聞かなかったりキャッチしなかったりするファクトや、具体的な行動レベルのフィードバックをも実行しないファクトが積み重なると、その相手に期待しなくなり、次第に、フィードバックをする量が減ったり、そもそもフィードバックをしなくなる。フィードバックをする人は、フィードバックをした相手がどのようにフィードバックに向き合うか、をちゃんと見ているからだ。

おわりに

フィードバックの中には、耳が痛いフィードバックも多いだろう。そのフィードバックをありがたいと思えるか思えないか、も実は素直さによると思うが、耳が痛いフィードバックこそ、自分が大きく成長できる機会になり得ると思う。

Feedback is gift.

これは、グローバル企業であるP&Gの人材育成でよく使われる言葉です。あなたにフィードバックをする誰かは、あなたのために貴重な時間を使って、あなたがより良くなるために、フィードバックを提供してくれていて、それを、Giftと捉えることができるのかもしれない。そうしたとき、あなたは、Feedbackに対して、どのように向き合っているか?という問いについて、これを読んだ人は、振り返ってみると良いのかもしれない。そして、ひょっとしたら、素直さがないと思う人はとりあえず、誰かが自分か自分たちに言ったことを、実践、行動してみると良いのではないか、と思うわけです。

【ご連絡】本ブログのエントリーの更新曜日について

このブログですが、結構無差別に更新していましたが、月曜・水曜・金曜は、必ず更新しようと思います。朝7:30に更新します!ちょこちょこいらっしゃってくださいー