たけしの華麗なる消費生活

たけしが、華麗なる毎日にであったモノやコトやシコウについてのメモ。JPとUSのVisionary Company、Management Consulting Firm、MarketingやBusiness Development、Business Strategyな経験からか、そもそもだからなのか、かなり自由な風味で書き綴っております^^

「究極の鍛錬」から考える、正しい努力について

波頭亮さんの本と、波頭亮さんのオススメ本

波頭亮さんは、企画スタッフになった人は、まず読んだ方が良い本が何冊かあり、僕も若い時に相当お世話になったのが、こちらの本たち。 

その波頭さんの研修を受けたことのある人がいたので、色々と話を聞いてたのですが、その研修で推薦図書の一つになっていたのが、こちらで早速読んでみました。「究極の鍛錬」。

超一流になるために必要なコト

「超一流」の人材になるための思考や行動についてまとめられています。簡単にサマるとこんな感じの内容。

  • 様々な業界に超一流の人物がいるが、それらの人物の一般的な能力は驚くほど一般的な水準に留まる
  • 結局、違いを生むのは、考え抜いた努力をどれだけ行ったか、に過ぎない
  • その要素としては大きく5つ。①しばしば教師の手を借り、実績向上のため特別に考案されている、②何度も繰り返すことができる、③結果に関して継続的にフィードバックを受けることができる、④精神的にとてもつらい、⑤あまり面白くない(本より引用)

これらについて、本の中では、わかりやすい例として、ビジネス、スポーツ、音楽の世界の超一流の人物の例が紹介され、それらの例を活用しながら説明がされている。ビジネスではGEの元CEO ジャックウェルチ、スポーツではゴルフのタイガーウッズ、音楽ではモーツアルト、だ。

ジャックウェルチは、GEにキャリアのスタート時ではどこにでもいる人で特出した何かを持っている人ではなかったが、上記のような要素が盛り込まれた研鑽を積むことで世紀のCEOにまでのし上がった。このビジネスのケースは比較的わかりやすい。ビジネスは基本は大学や高校を卒業してからの話で、そこまで才能は関係ないと思いやすいからだ。

一方、スポーツや音楽は、才能、という言葉を用いるケースが多いように思う。彼は天才だ、と。しかし、この本では、タイガーウッズとモーツアルトのケースでそれらを否定していて、どちらのケースでも、非常に小さい頃から親の熱心な毎日の教育により、沢山の鍛錬を重ねて、彼らは周りの人よりも秀で、歴史的な高みに上った、という話が紹介されている

他の誰かと圧倒的に違うレベルの情報だけを目にして、その断片だけから、元から他の人とは異なる等と考えてしまいがちだが、紹介されることの少ない、その圧倒的なレベルに達するまでのプロセスに目を向けると、他の人とは段違いで努力をしていることがわかる、ということだ。

では、どのような鍛錬をすべきか、という話で先の5つの要素の話に戻るのだが、④精神的につらい、と、⑤あまり面白くない、は本人がそれらの性質に負けずに頑張るという話なので置いておくが(モチベーション管理の妙の話に通じるが)、①、②は能力開発のプログラム、③はフィードバックの話であり、ここに他にはないユニークな要素が潜んでいると考えることができる。

他のチャプタに、コンフォートゾーン、ラーニングゾーン、パニックゾーン、というフレームワークが紹介されている。コンフォートゾーンは自分の能力をストレッチすることなく済ませられる状況、ラーニングゾーンは自分の能力をストレッチすることで済ませられる状況、パニックゾーンは自分の能力をストレッチさせても困難な状況であり、勿論、最も成長に効くのがラーニングゾーンになる。

先の①や②は、そのようなラーニングゾーンのプログラムを何度もやることで、少し前の自分にはなかった経験や能力を獲得するべく、努力する時間を費やすことを意味し、③は取組みの結果、足りない能力が何かを自分だけが気づくのではなく、上位者にフィードバックしてもらうことで、足りない能力にもれなく気づき、次の取組み機会に活かせて、そのプロセスを積み重ねることを意味しており、そこには乗数効果があり、それを継続している人と、全くしていない人とでは、非常に大きな差がでて、最終的には、彼は天才だ、と片づけたりするシーンに遭遇することになる。

このようなサイクルの取組みについて、別の問い方を使うと、正しい努力をしているか?とも言えると思う。自分が余裕でできることに沢山の時間を費やすことは、正しい努力をしているというよりかは、時間を浪費していると言えるかもしれない。自分ができなかったこと、できないことを意識して、それができるようになるために、時間を費やしているかどうか。そのように、自他の目線で自分の足りないコトを捉え、何かの新しい能力を獲得するために時間を費やすかどうか。それが、努力として大事だと思うわけです。

以上が究極の鍛錬の概要になるのですが、本の後半では、これらの原理的な考え方があった上で、どのようにすれば、そのような好循環に入ることができるか、等の考え方についてまとめられており、子供の教育というた観点からもとても興味深い内容になってます。

まとめ

この本を読んでみて、個人的には、自分が日ごろ考えていたことについて、様々なファクトを基に、整理し直してくれた感覚があります。

takeshikarei.hatenablog.com

takeshikarei.hatenablog.com

上のエントリーで書いた内容がさらに整理された感じ。ちなみに、この本には出てこないけど、イチローが世界的な超一流プレイヤーになったことも、この本で整理することができるね。もっと成長したい、超一流になりたい、そのためにどうすればよいか、と悩み考える全ての人に読んでもらいたい内容でした。

【ご連絡】本ブログのエントリーの更新曜日について

このブログですが、結構無差別に更新していましたが、月曜・水曜・金曜は、必ず更新しようと思います。朝7:30に更新します!ちょこちょこいらっしゃってくださいー