たけしの華麗なる消費生活

たけしが、華麗なる毎日にであったモノやコトやシコウについてのメモ。JPとUSのVisionary Company、Management Consulting Firm、MarketingやBusiness Development、Business Strategyな経験からか、そもそもだからなのか、かなり自由な風味で書き綴っております^^

売れっ子アーティストが大事にする、一つのコト

少し前の情熱大陸では、こちらの二人がフィーチャーされていました。

  1. mikiko
  2. 吉田ユニ

1. はperfumeの振付師で有名。最近では、今の日本を表現するディレクターて感じでしょうか。リオオリンピックの閉会式で日本のプレゼンテーションをディレクションした一人です。2, はアートディレクターで、よく目にするコマーシャルな広告を形作っています。最近は、渡辺直美や星野源のアートディレクションで有名かもしれません。

mikikoがまず放送され、翌週に吉田ユニが放送されていました。二人のワークスタイルで大事にされていて、放送でフィーチャーされていたのが、こちら。

書くこと

二人それぞれにとって、書くことの意味合いは異なるのですが、二人とも書くことを大事にしていて、とても印象的でした。

mikikoは、アイディエーション、つまり、何かの振り付けを考えるときに書くこともあるのですが、何かの表現の総合ディレクションをすることが生業である中で、その完成度を上げるために足りない何かを見つけたときに、書いている、という行動をしていました。

一方で、吉田ユニは、何もないところから、何かを生み出す、形にするために、モレスキンに何か思い立ったことを書きまくる、という行動をしていました。色々な締め切りが毎日くる中で、オフィスや街の夜カフェ等、色々なところで書いて、何かを生み出していて、とても印象的でした。

二人のアーティストが、書くことを大事にしている、ということ。僕が大事にしていることと共通していて、ちょっとうれしかったのですよね。ということで、最後に、過去エントリーを引用して、終わります。書かないと始まらないよ!

takeshikarei.hatenablog.com