読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たけしの華麗なる消費生活

華麗なるたけしが、日々の生活の中で、華麗に消費していったモノやコトやシコウについてのメモ。JPとUSのVisionary Company、Management Consulting Firm、MarketingやBusiness Development、Business Strategyな経験からか、そもそもだからなのか、かなり自由な風味で書き綴っております^^

金曜の夜にちょびっとブルーが入るパパさんが利用するサイト

site ikumen

金曜の夜にちょびっとブルーになる真面目なパパ

平日会社で働いているパパさんたちも、週末に入れば、家族との時間になります。丸腰で週末に臨んでも良いのですが、丸腰だと中々家族に貢献できない、楽しませることができない、満足できない。そう思うパパさんたちは結構多いのではないでしょうか?

勿論、子供と遊ぶ等はできるし、家事の手伝いもできるのだけど、どこで、なにをするか?という毎週訪れるQuestionに対して、Good Answerを提供できるか、に課題感を持っていたりするのかな、と思うわけです。

 

子供とお出かけ情報「いこーよ」

で、この課題に対する一つのAnswerになっているのが、こちらのサイト。

iko-yo.net

形容詞で、お出かけ情報、とつけているだけあって、先のQuestionに対応した形になっています。概要について、軽く触れてみると、こんな感じ。

  • お出かけスポットは、22,000件超
  • エリア、年齢、特集、口コミ、等の軸で、お出かけスポットの検索が可能
  • 加えて、クーポンがついてるイベントもあって、お得な面も

結構良いと思います。情報の持たせ方が緩いので、検索をして、ダイレクトに自分が欲しい情報を収集することが少し難しい、というマイナスポイントはあって、情報のマッチング精度の向上は今後改善を期待したい所です。

僕の使い方としては、エリア軸や季節軸で一旦検索し、ざらっと上から情報をなめていって、口コミ等もチェック。その過程で気になるスポットはフラグ付けして、家族との相談候補へ。他にも、ざらっとなめていった過程で、過去に行ったことのあるスポットを思い出して、そこも相談候補になったりして、自分の記憶とのブリッジの意味でも良いのかな、と思いました。

 

おわりに

家族との時間は限られているし、子供が小さい頃の時間は更に限られている。そして、予算も限られている中で、どのように有効に休日の時間を費やすか?という冒頭のQuestionは、なかなか難しくありつつ、頻繁に起きるのですが、そのQuestionに対して、Good Answerを出すためのサポートサイトとしては良いのかな、と思います。世の中のパパさんたち、サポートサイトとして、利用してみてはいかがでしょうか?