読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たけしの華麗なる消費生活

華麗なるたけしが、日々の生活の中で、華麗に消費していったモノやコトやシコウについてのメモ。JPとUSのVisionary Company、Management Consulting Firm、MarketingやBusiness Development、Business Strategyな経験からか、そもそもだからなのか、かなり自由な風味で書き綴っております^^

京橋・八重洲・日本橋ランチ パーフェクトロード #07 2,500円の天丼ランチ (天七)

さて、今回はなかなかドラマチックでした。京橋・八重洲・日本橋ランチ パーフェクトロードの第7回。今日はどこでランチをしようか。毎週金曜のそんな問いに答えるのが、ランチの達人、略して、ラン達の●川さんなのですが、今回は、多忙にも程があり、欠席ということで、途方に暮れるのか、今日のランチは、ランチ難民か、ぼくたちは。
そんなリスクを感じながら歩き始めたぼくたちでしたが、すかさず、こないだ見つけて、なんとなくやばそうだから、入らなかったとあるお店に入りました。店名は、天七。

外観はこちら。
f:id:TKC-i:20141213203056j:plain
 
壁はこんな感じ。
f:id:TKC-i:20141213203045j:plain
 
この時点で、一人が中の込み具合を確認しに。どうやら、入れそうだ。ん?しかし、顔色は少し戸惑い気味?!でも、ま、難民になりたくないし。今、繁忙期だしね、いい感じのランチをしたいよね。さ、入ろっ。

門を抜けると、こんな感じの庭?みたいなのがある風味。
f:id:TKC-i:20141213203020j:plain
 
庭を通ってある玄関がこちら。
f:id:TKC-i:20141213203011j:plain
 
で、中に入ってみると?
ん?
んん?
んんん?
入った瞬間、やばい、持っていかれる。そんなランチのスタートでした。

まず、11:30前とはいえ、だれもお客さんがいない。店員さんたち三名くらいが、結構お年を召した方々。え、あなた方、お若い感じやけど、本当にこのお店で食事しはるん?いや、別に関西の京橋ではないのですが。もちろん、東京の京橋なのですが、そんな声が聞こえたような、聞こえなかったような。

そして、メニューがない。。。あたりを見渡しても、メニューがない。。。でも、入るそうそう、お値段を聞くのも、いけずな感じ。とりあえず、案内されるがままに、メニューを聞きました。天丼2,500円、てんぷら定食4,000円。
・・・
二択。。。
高度な二択。。。
ということで、私たちは、もちろんみんなで、2,500円の天丼を頼みました。2,500円の天丼のすべてをご覧頂ければ。

座敷に通された壁にこんな趣のある飾り。f:id:TKC-i:20141213203002j:plain
 
 
これが、お箸。これは、普通。f:id:TKC-i:20141213202952j:plain
 
これは、お漬け物。まあ、普通。
f:id:TKC-i:20141213202944j:plain
 
お茶。これまた普通。
f:id:TKC-i:20141213202934j:plain
 
お味噌汁。アサリでした。なかなか美味しゅうございました。f:id:TKC-i:20141213202926j:plain
 
さて、天丼。器はこんな感じ。結構時代を感じる器でした。
f:id:TKC-i:20141213202917j:plain
 
器のふたの裏面には、店名「店七」の刻印が。
f:id:TKC-i:20141213202909j:plain
 
さぁ、天丼!海老が二つに、鱚に、かき揚げ、という構成。特別ではなかったですが、なかなか美味しゅうございました。
f:id:TKC-i:20141213202858j:plain
 
で、なぜか、最後の〆が、みかん。デザートてヤツでしょうか。お座敷だったので、結構合いました。
f:id:TKC-i:20141213202850j:plain
 
といった形でございました。ぼくたちが、食べ終わってお店を出ることが、12:15頃でしょうか。その頃には、他にお客さんが一人いらして、4,000円の天ぷら定食と、お酒を飲まれていました。かなりやり手の社長、て雰囲気の方でした。
ということで、このお店、普段とか、そして夜はどんなお客さんがいらしゃっているのでしょうかね。ぼくたちがいた座敷は、政界や財界の要人が夜な夜な天ぷら食べながら、デリケートな話をしている、とか?!などなど想いを巡らすのもなかなか楽しかったです。京橋には、色々なお店がありますね。また、来週が楽しみですわ。