たけしの華麗なる消費生活

たけしが、華麗なる毎日にであったモノやコトやシコウについてのメモ。JPとUSのVisionary Company、Management Consulting Firm、MarketingやBusiness Development、Business Strategyな経験からか、そもそもだからなのか、かなり自由な風味で書き綴っております^^

自分の能力を引き出す一つの方法 (Yasushi Watanabe.Com)

ということで、僕がチェックしているサイトも、ちょこちょこ紹介しようと思います。

---

まず、こちら。


Yasushi Watanabe.com

こちらは、友達のサイトなのですが、内容がとても充実していますね。彼の前職はボストンコンサルティンググループなのですが、プロジェクトリーダーとして、クライアントの課題解決をしていく中で感じた違和感が発端で、コーチングの領域を深堀しだしたようです。

いくつものケースを行ううちに、私は「多くの場合、答えはすでにクライアントの中にある」ということに徐々に気づき始めました。クライアントに必要なことは、答えを教えてもらうことではなく、自分のうちにあるモヤモヤとした思いやアイデアや願いを引っ張り出して形にしていくこと。私は何度となくクライアントが何気ない対話をきっかけに、自らの力で答えを導きだす瞬間を目撃しました。

私は、自ら答えを導き出したクライアントが高いモチベーションを獲得していることにも気づきました。自らの意思で「これをやりきることにYESだ」と言ったクライアントのみなぎる気力にただただ感銘を受けました。人は、主体的に選択をしたいのだ。そのきっかけを作り、主体的な選択を支援していくことが私が為すべきことなのだ、と私は思うようになりました。

これは、とある企業の中のとあるプロジェクトの文脈でだけ成り立つのではなく、ビジネスパーソンの一人一人の文脈にあるのではないか、と思います。一人で何かを考えて実行しているだけでは、なかなか前に進まないのだけど、とある人との会話の中で、ヒントが見つかり、そこをレバーに、前に進み出す。僕自身も、最近もそうですし、過去を振り返ってもそういった経験を見いだすことができます。

僕の気づきは、ある種外から働き付けがきっかけだったケースと、ある種の偶然から生まれたのかなと思っているのですが、このサイトの主である渡辺寧君は、必然的な方法で、沢山の人の中で気づきを起こし、一人一人にポジティブな変化を起こそうとしているのかな、と勝手に思っています。

ということで、このサイトをチェックして頂くとともに、もし、自分の能力になんらかの壁を感じていて伸び悩んでいたり、といった風に思っている方は、コーチングを受けてみたら、いかがでしょうか?とても示唆に富んだ経験になるかもしれません。