たけしの華麗なる消費生活

たけしが、華麗なる毎日にであったモノやコトやシコウについてのメモ。JPとUSのVisionary Company、Management Consulting Firm、MarketingやBusiness Development、Business Strategyな経験からか、そもそもだからなのか、かなり自由な風味で書き綴っております^^

烈車戦隊トッキュウジャー スペシャルステージ 体験記 (トッキュウジャー)

六本木ヒルズのアリーナで、テレ朝の夏祭りの一貫でやっていた首題のイベントに関する体験記!!!

 

朝5時半から並ぼう。いや、ムリだから

一般的にイベントというのは、定員が決まっているものだと思います。こちらのトッキュウジャーについても同様で、事前に何名が定員かというのは把握しないで行ったのですが、もう少しちゃんと調べてから行った方が安心だよね、ということで、他イベントへの備忘録、参考として、書いておこうかな、と思います。 

  1. 私たちは、開始1時間少し前に会場に到着。この時点で、整理券の配布は終わっていました。そうか、整理券というのが存在したのか、と気づいたのもこの時。恐らく、イベントというのは、整理券がある、というのを所与とした方が良いと思います。そして、整理券は何の整理券なのか?その整理券は何枚配布されるのか?何時から配布されるのか?何時に到着すれば整理券はもらえそうか?を調べてから、XX時には到着する!と決めて行った方が良いと思います
  2. 最速の人は、朝5時半から並んでいる。イベントの最中に、客席に、何時から並んでいたのか?と質問があったのですが、その回答が、朝5時半から、ということでした。正直、僕にはムリですね。おじいさんの方が、孫と一緒にいらっしゃっていたようです。孫かわいさに、というのもそうですが、おじいさんだったので、朝早く起きて、整理券をとりに並んでも、あまり問題ないのかもしれません。おじいさん、そもそも早起きのため

で、整理券を持っている人が、会場内で席に座れる、権利があるのが今回でした。整理券がない人は、席に座れずに、立ち見、ということです。幸い私たちは、それでも早めに到着していたので、席こそ座れませんでしたが、見やすい立ち見位置は確保できました(遅い人は、この回に中に入ることはできません)。それでも、暑くて立ちくらみでもしそうな感じでした。だからこそ、1で書いた様に、事前の調査が必要なのですよね。

 

キャストはかなり好感が持てた

メインキャストの1号から6号が映画の宣伝というたてつけで、来ていました。これは、なかなかテンションあがりました。僕は、毎週日曜日朝7時半開始のテレビ放送は、起きれないで、なかなか見れないケースが多いのですが、やはりイベントで、生で、戦隊ヒーローを見るのは、テンションがあがります。彼ら一人一人のファンも来ていて、騒いだりしていて、おぉおぉおぉ、みたいなのとかも面白いですよね。

内容としては、自己紹介、映画の撮影での小話、テーマソング、最後の〆のトーク、などの構成でしたが、結構サービス精神が旺盛な方々で、色々と仕込まれていて、面白かったです。自己紹介の際には、だいたいみんな、一芸を披露していました。そういう心意気て、良いですよね。

全部で30分程ですが、そのくらいの時間があれば、役の背後にあるタレント性か人間性が見えてきます。とした時に、僕が良いと思ったのは、1号、3号、6号ですかね。

1号の志尊 淳は、まずルックスが良いですね。ちょっとトークで失敗しても、愛嬌があるので、なんだかかわいくみえちゃいます。また、トークセッションなわけですが、その中でも、機転をきかせる方で、他のメンバーがあまりうまく受け答えできないときも、巧みにフォローをしていました。賢いのでしょう。そして、こういったイベントの一つ一つを大事にして、絶対に売れてやる、みたいな静かなる意気込みみたいなのかも感じましたね。そして、結構売れるかも、と思いました。

3号の梨里杏は、かわいかったですね。トークとかはグダグダでしたが、それでOKな感じですね。中身があまり伝わってこなかったのですが、舞台袖に入るときとか、手を振るだけでなく、ちゃんとお辞儀をしてはいっていくのとかは、好感が持てました。

6号の長濱慎は、テレビでは、かなりごついイメージなのですが、実物はちょうど良い感じでした。逆に周りのメンバーが細すぎるのですよね。そして、この人が最もサービス精神旺盛で、縦笛を吹いたり、工事現場モードで誘導したり、と最も頑張っていた感じです。結構年はいってるほうで、2013年に何かのイベントで優勝して、事務所入りとかしているみたいですね。今後サバイブして、のし上がってもらいたいものです。

他の方々も頑張ってました。やはり生だと、いけてない部分てのは見えてしまうものですが、みんななかなか良かったです。

 

イベントのtipsと小話

他にも、幾つかtipsと小話があるので、備忘録の意味も含めて、書いておこうかなと思います。

  • 今回のは、基本は無料イベントなのですが、テレ朝ショップで2,000円以上買うことで、握手券がもらえました。この握手券がくせ者で、一枚で一人が握手できるのですよね。だから、二人子どもがいる人は、4,000円だし、三人いる場合は6,000円の買物が必要なのですよね。もはや、そんなに買う対象がないよ、というレベル。行くことが決まった場合は、事前に何かをうかつに買わない様にしましょう
  • 冒頭の整理券話でも書きましたが、待つ時間は基本生じるので、その待つ時間の負荷を出来る限り減らす工夫が必要ですね。ある人は、シートを持ってきて座っていました。それも有りですけど、お尻は痛いと思うのですよね。とある人はキャリーバッグの上に座っていましたが、それもどうかと。だから、簡易なイスを持って行くとよいかな、と思います。ここまでくると、イベント観覧の職人の域ですけどね
  • 夏のイベントは、本当に死にそうな程暑くて大変。だから、当たり前かもしれませんが、飲物は沢山持参した方が良いですね。今日は、うっかり、一つしか持って入りませんでした。正直死にそうになりました。インターバルで、外に出て、ペットボトルを買ったから良いモノの、途中で外にでることが許されないケースの場合は、本当に危ないので気をつけた方が良いです