たけしの華麗なる消費生活

たけしが、華麗なる毎日にであったモノやコトやシコウについてのメモ。JPとUSのVisionary Company、Management Consulting Firm、MarketingやBusiness Development、Business Strategyな経験からか、そもそもだからなのか、かなり自由な風味で書き綴っております^^

自分が欲しい帽子を買うなんて、ステキすぎるんじゃないだろうか?(CA4LA 表参道)

前からオーダーメイドの帽子を創りたかったのですよね。自分が本当に欲しいと思える帽子に出会ったことがないので。帽子屋には、売場スペースの問題もあれば、そもそも自分が欲しいと思えるデザインが自分で明確になっていないから、自分が欲しい帽子に出会うわけがない、というのもあるのだと思う。

 

そんな問題を解決できるのが、オーダーメイドなのだけど、帽子のオーダーメイドについては、たまに探していたのだけど、なかなか良い帽子屋が見つからなかった。しかし、久し振りに検索してみたら、CA4LAがオーダーメイドを始めたようで、見つけて、早速行ってみた、というわけ。ちなみに、表参道店しか、オーダーメイドはやっていないので注意が必要。

 

ということで、CA4LA 表参道店のオーデーメイド体験記を書いておきます。

 

まず、予約から始まります。いきなり表参道店に行っても受け付けてはくれません。ここで注意しておくのは、メールフォームからではなく、表参道店のアトリエに直接メールをすること。転送とかしてくれないので、何度もメールを打つことになってしまうので、直接アトリエにメールしましょう。

 

さて、メールのやり取りをしていく中で、オーダーメイドをする日時が決まるわけですが、このやり取りの中で、希望の帽子の種類が決まっているようなら教えて下さい、というお話を先方から頂きます。勿論決まっていなくても良いと思いますが、こちらのページを見て、自分なりにイメージを湧かせておいて、幾つかの帽子の種類を目当てしといた方が、お互いスムースに話が進んでよいと思います。

 

そうして、いざ、表参道店へ。スーツやYシャツこそ、何度もオーダーメイドをしてきましたが、帽子のオーダーメイドは人生で初だったので、ちょっと緊張しました。そして、CA4LAの表参道店は、表参道ヒルズのすぐ横にあるわけですが、オサレ度も高く、緊張を助長する感じがあります。

 

しかし、実際に、デザイナーの方とお話してみると、物腰柔らかで、あまり緊張しなくなりました。かなり丁寧にニーズを拾ってくれて、時折提案もしてくれる感じ。元々、かなりふんわりしたイメージしか持って行かなかったのですが、周りに展示されてある帽子でイメージを擦り合せていって、加えて、色々な素材や色を出してくれる。

 

さらに、こちら側が、これがいいかも、的な発言は基本は受け入れてくれますが、変になりかねないチョイスについては、「ちょっと奇抜になってしまうかもしれません」と言って、ナチュラルに誘導してくれる。なかなか心地よかったです。これぞ、オーダーメイド。

 

そんなわけで、帽子ができました。というのは、先走りでして、もう直出来上がりでございます。なかなか楽しみですね。この待っている時間てやつが、オーダーメイドの醍醐味なのですよね。