たけしの華麗なる消費生活

たけしが、華麗なる毎日にであったモノやコトやシコウについてのメモ。JPとUSのVisionary Company、Management Consulting Firm、MarketingやBusiness Development、Business Strategyな経験からか、そもそもだからなのか、かなり自由な風味で書き綴っております^^

think

たけしの若手への一言(2) 「企画」スタッフになったら読むべき本 8+1冊

はじめに さて、たけしの若手への一言シリーズの2回目です。前回は、成長速度をあげるためには素直さが大事だよね、というマインドセットの話でしたが、今回は、かなり具体的な内容です。 タイトルは、「企画」スタッフになったら読むべき本 8+1冊、として…

行動経済学の適用乱発はイヤ

こちらは、行動経済学の本では、なかなか有名です。読んだことがある方も多いのではないでしょうか。影響力の武器。 中身は著名な行動経済学の理論をカバーしており、一読に値すると思いますが、ここで、一つ一つを取り上げるよりかは、キーワードを書くこと…

たけしの若手への一言(1) 「素直さ」が、成長スピードを変える

成長するためのマインドセットのうち、最も大事なのは「素直さ」 少し前に、こちらに、成長のために大事なマインドセットを書きました。 takeshikarei.hatenablog.com ここでは、三つ書いていて、自ら引用すると、こんな感じ。 厳しい局面でも逃げないでやり…

英会話サービスは、定量的なプロセス指標の訴求で、顧客を獲得してはどうか?

いつの時代も変わらない、英会話サービスの玉石混交さ 昔も今も、沢山の事業者が英会話サービスを展開しているなぁ。と電車の中で、移り変わる、英会話学校の交通広告を見て思ったわけです。最近では、GABAやAEONなどの対面型の英会話だけでなく、英語圏の海…

10年ぶりに車を買った、たけしのクルマ論(2) いつ、駐車場の"不"から解放されるのか?

車に乗って気づく、駐車場の"不" 車を買ったからには、毎週末にどこかに行かねば、と半ば使命感すら持ちながら、どこかに車で行っているわけですが、その「どこか」は、駐車場の制約を受けてしまう、ということを感じざるを得ません。例えば、こんな感じに。…

「究極の鍛錬」から考える、正しい努力について

波頭亮さんの本と、波頭亮さんのオススメ本 波頭亮さんは、企画スタッフになった人は、まず読んだ方が良い本が何冊かあり、僕も若い時に相当お世話になったのが、こちらの本たち。 その波頭さんの研修を受けたことのある人がいたので、色々と話を聞いてたの…

妊娠中に、パパがケアすべきコト〔表と裏〕

"奥さんが妊娠した、妊娠している時に読んで欲しいコト"に足りないコト 少し前にこちらのエントリーを。 takeshikarei.hatenablog.com このエントリーでは、妊婦さんの妊娠フェーズのそれぞれで、不安に感じたコトが何で、どのように解決しようとしたか、に…

たけしの若手への一言(0) イントロです!

さて、こちらも、新しくシリーズ化しようと思います。たけしの若手への一言。決して一言ではないのですが、まあ、語呂がなんとなく良い気がするので、良しとしましょう。若手は勿論ビジネスパーソンのことを指していて、彼ら彼女らに話したことを書き留めて…

奥さんが妊娠している時に読んで欲しいコト

奥さんが妊娠している時に、まず読んでほしい 少し前に、周りの人が、奥さんが妊娠した、本人が妊娠したみたいな話を耳にしたこともあり、妊娠時のあれこれ、を少しまとめてみました。 妊婦が、妊娠している時に不安に感じたコトは何か その時、妊婦は、どの…

10年ぶりに車を買った、たけしのクルマ論(1) カーナビは進化しないのか?

さて、10年振り位に車を買った話はこちらに書きました。 takeshikarei.hatenablog.com で、車に乗っていて思うことが結構あるので、せっかくなので色々と書き留めておこうかなと思います。今回は、カーナビについて。 カーナビは進化しているのか? 10数年前…

人間関係の悩みの処方箋

少し前に流行っていたけど、当時はあまり気にならず、読んでいなかったのですが、最近とある人が勧めていたので、読んでみました、「嫌われる勇気」。 心理学者アドラーの心理学について、とある教授と迷える若者との対話形式で紹介されています。気になった…

単身赴任者の"寂しい"をなくせないか?

39度の高熱がでたときの僕の武勇伝 ちょっと前に、いきなり熱が39度を超えて、急遽仕事を切り上げて、帰宅することになった。39度超が判明してからの僕の動きは早くて、帰宅中に妻に連絡し、インフルエンザの可能性もあるので、子供と一緒に実家に帰ってもら…

「いい」努力に関する経験知

この本はタイトルで買った感じです。「いい」努力って良いですね。当たり前ですが、良くない努力をしても、得られる成果はあまりないわけで、「いい」必要があるわけです。これは、シンプルなようで結構深いです。今回のエントリー以外でも、これから、ちょ…

子供との会話と、「考える」能力

この記事は、シンプルなのだけど、子供の思考を鍛えるという意味で、とても本質をついているかな、と思います。 haretal.jp 「考える子」はいつもの会話で育つ、という切り口で書かれていて、日常の中で、目にしたもの、耳にしたものなどについて、疑問を感…

いま、車を買うべき理由

そういえば、最近車を久しぶりに買いました。で、車は買った方が良い!と思い、筆をとりました。10年ほど前に車を手放して、久しぶりに車を持って思ったことです。 少し整理すると、車を持たなかった頃に考えていたのは、こんなことでした。 東京都23区内に…

イーロンマスクから学ぶ生産性

最近、生産性、という言葉をよく耳にしますね。ということで、こちらは、イーロン・マスクの生産性向上に関する習慣。www.lifehacker.jp 引用すると、こちらがピックアップされている。 メールを使いこなす 外部の意図的接触を避ける いつもマルチタスク 予…

COMME des GARÇONSと川久保玲の言葉と僕

六本木のミッドタウンがリニューアル気味で、その店舗の一つに、COMME des GARÇONSの直営店があるそうです。インスタでとある方が写真を上げていたので、その引用ですが、このようなコピーがあるみたい。 常にあなたを他の誰かのようにしようとする世の中で…

売れっ子アーティストが大事にする、一つのコト

少し前の情熱大陸では、こちらの二人がフィーチャーされていました。 mikiko 吉田ユニ 1. はperfumeの振付師で有名。最近では、今の日本を表現するディレクターて感じでしょうか。リオオリンピックの閉会式で日本のプレゼンテーションをディレクションした一…

集中するためのすることリスト

なかなか侮れない、メンタリストDaiGoの学習能力 メンタリストDaiGoがたまにテレビに出てきますが、どうもうさんくさい。そのコミュニケーションがあるから、だから何だ、とも思うわけで。だからですが、別にそこまで関心を持って、彼をウォッチしていたりは…

「企画」に必要な二つの能力

同い年のヒット量産の映画プロデューサー 少し前に、映画プロデューサーの川村元気を知った。最近では、「君の名は」を大ヒットさせているのだけど、この10年くらいで話題になった映画をかなり世に送り出している。電車男、デトロイト・メタル・シティ、告白…

飲み会と勉強会を分ける要素

業界が変わると業務も変わる 少し前に、新卒同期と飲んでいたのですが、新卒同期は活きが良く活躍していて、仕事の話をしても熱く盛り上がることが多い。起業した人のスペシャルな話を掘り下げて聞くのも面白いのだけど、何気ない業務の詳細を掘り下げて話を…

デバイスの脱ALL IN ONE化

僕が新卒で入った会社は幅広いカテゴリを揃えるグローバル電機企業だったのですが、2000年初頭だったその頃は、全てがケータイに機能集約される、要は、ケータイにALL IN ONEになって、ポケットシェアを独占するだろうと議論していました。 2017年の今では、…

海外赴任する友人への贈り物には、何が良いか?

アラフォーにもなると、周りで海外赴任する人が頻発しており、新卒で入った企業はグローバル企業も甚だしいので、残留組は基本海外赴任を経験しているし、今も海外に赴任している人は多いのだけど、少し前に、かなり仲の良い友人がアメリカに赴任することに…

世界は毎日優しくなる

ココ・シャネルの言葉にこんなのがある。 世界は毎日単純になっていく 毎日何かを学ぶことで、その人にとって世界は単純になっていく、と説明がされたりしている。色々な分野で世界は毎日進歩し、その複雑性は増していくようにも思えるが、その複雑性の影響…

快眠のために辞めたこと(星野佳路さんのケース)

星野リゾートの星野さんの快眠のために辞めたこと 日経の記事に、星野リゾート社長の星野さんが、快眠のために辞めたことが書かれていました。その二つがこちら(引用加工)。 就寝2時間以内の飲酒 就寝前のメールのやり取り そもそも、星野さんを知ったのは…

生理現象のムダを省く方法

24時間をいかに過ごすべきか 一日の時間は24時間しかないというのは当たり前なお話。決まった24時間をいかに過ごすべきか、がより良い人生につながるのではないか、と考えるわけです。いかに過ごすべきか、などど考えること自体が、より良い人生から遠ざかる…